//
you’re reading...

HOTELs

再びステータスマッチとクレカでHilton Honors Diamondを手に入れて維持する方法

かつては、Hiltonがステータスマッチで、他社の最上級会員は、ほぼ無条件に1年以上Hilton Diamondを乱発していた時期がありました。

IHGであれば、スパイアかプラチナ、SPGプラチナ、Accorプラチナ、Hyattダイヤモンド(現Globalist)であれば、Hilton Diamondが付与されました。僕も、ステータスマッチでダイヤモンドももらい、そのまま、3年間、ダイヤモンドとして、ベネフィットを堪能しました。が、そんな日々もついに終わり、GOLD VIPに格下げされました。

現在は、条件が厳しくなって、上記最上級会員であっても、ヒルトンダイヤモンドでいられるのは、90日間。その間にヒルトンホテルに8滞在すると翌年3月まで、ダイヤモンドの期限が延長されます。
ただし、翌年以降は、

30回の滞在または60泊、または120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイント

を維持しなければ、ダイヤモンド資格は剥奪されます。
GOLD VIPは、三井住友のヒルトンオナーズVISAゴールドカードや、アメックス・プラチナカードを持つだけで自動付帯ですが、ヒルトンダイヤモンド資格は、自動付帯するカードはありません。

ただし、限りなく自動付帯に近いかたちで、獲得する方法はあります。
ヒルトン・オナーズVISAプラチナで取得する方法です。

ヒルトンオナーズVISAプラチナは、ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン(HPCJ)自動付帯することと、ヒルトンオナーズゴールドが自動付帯すること以外は、楽天ゴールドカード程度の目立ったベネフィットが見当たらない平凡なカードですが、

Fast track to Diamondという唯一無二のベネフィットがあります。
「通常よりも有利にダイヤモンドステータスを獲得・維持」することができるというシロモノです。


年間10回の滞在、もしくは、20泊か、暦年で合計120万円以上カードで決済するだけで、ヒルトンオナーズダイヤモンドになれます。

とりあえず、カードを発行して、120万円決済。以降は、年間10回滞在するだけで、毎年ダイヤです。
年会費は、66,500円。HPCJが付帯するので、実質は、55,000円くらいでしょうか。

一つ問題は、

ということは、引き落としまでの時期も考えると、2ヶ月くらいブランク期間が発生します。このブランク期間に宿泊の予約がある場合には、困ります。

そこで、先程のステータスマッチを利用します。
1)ヒルトンオナーズVISAプラチナに入会して、120万円分決済する。
(実際には、120万円になるまで、このカードを優先して使う)
2)ステータスマッチを申請して、90日間ダイヤをもらう
3)120万円以上の請求が来て、3−4週間でダイヤが付与される

これで、ブランクなく、今後はずっとヒルトンオナーズダイヤモンドが維持できます。

ちなみに、ステータスマッチの方法は
https://statusmatch.hiltonhonors.com/

上記サイトにアクセスして、必要事項を記入し、他のホテルのサイトにログインして、最上級会員であることが示されているページのキャプチャと、過去1年間の滞在履歴のキャプチャ(1枚に収まるように)をアップロードして、「MATCH MY STATUS NOW」をクリックして送信


2日後、「you’ve upgraded to Diamond status!」という題名のメールがきました。

あっさり、ダイヤモンドになりました。ただし、90日間だけ。
実際、Hilton Honorsにログインしてみると

あとは、カードが届いて、120万円使って、Diamond資格が正式に付与されるのを待つだけ。
以降は、年間10滞在するだけで、ヒルトンオナーズダイヤモンドの資格が維持です。
(VISAプラチナは更新が必要ですが)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー