//
you’re reading...

featured

ANAビジネスクラスで行くホーチミンシティ

ゴールデンウィーク真っ只中にホーチミンシティに行くことになりました。普段はJAL・ワンワールドがメインですが、ANAのマイルが結構あるので、ゴールデンウィークや夏休みなどの繁忙期に特典航空券を発券して、消化しています。

つくづく、ANAのマイルは、搭乗しなくても簡単に貯まります。本当に日本国内の陸マイラーにとっては、JALと比較するとANAのほうが貯まりやすいですね。

JALであれば、羽田発の深夜発現地朝着、現地深夜発羽田朝着の路線があるのですが、ANAは、成田発着しかありません。アメックスで手配していれば、MKタクシーで片道1万円なのですが、

今回は、特典航空券なので、定期用外。となると、行きは、N’EX。


途中、外国人の団体が席に座りましたが、車掌さんが回ってきたときに、他の車両に移動していきました。ジャパンレイスパスの普通車用でグリーン車に乗ってしまう外国人の方が多く見受けられます。おそらく、グリーン車がファーストクラスだということが伝わっていないんでしょうね。

さて、ANAなので、成田空港第一ターミナルです。N’EX同様、スタアラゴールドトラックは、それほど混んでいませんでした。出国手続きは、多少並んでいましたが、自動化ゲートであっさりとセキュリティエリアへ。

ANAでは、平のSFC会員、搭乗は、ビジネスクラスなので、Suite Loungeではない、平民ラウンジしか入れません。ANAの平民ラウンジといえば、混雑で有名です。
とりあえず、ANAラウンジに行ってみましたが、座れる席があまりなく、時間があったので、いつもどおり、少し遠くなりますが、Unitedの平民ラウンジへ移動。

食事も酒も、イマイチですが、広く、開放的なので、割と好きです。
ホーチミンシティ便の機材は、NQ(エアジャパン)運行の767−300です。

行きの便は、新型のビジネスクレードル。

プラカップでシャンパンが配られます。

離陸からしばらくするとドリンクサービスです。
ワインとペリエを頼みます。

食事は、洋食がピエール・エルメのデザートがつくようなので、洋食に。

ビジネスクレードルは、フルフラットにはなりません。

一応、新型なので、モニターは、12.1インチ。ウォシュレットも完備です。

行きは、新型でしたが、帰りは、ボロボロの767。
シートもかなり疲れが見えます。トイレも当然、ウォシュレットなし。

何かが、シートに足りません。モニターがありません。
モニターは小型で、暗い、あれです。
モニター自体の写真はありませんが、食事の写真にモニターが写っています。

帰りは、うなぎ。モニターが小さいです。
暗めの映画を見ると、なにが起きているのか、判断できないくらい暗いです。

成田は、かなり遠くに沖止め。

次回ホーチミンシティに行くときには、JALの羽田便にしようと思います。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Follow our Facebook/twitter/RSS

spgamex

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー