//
you’re reading...

割安航空券

爆安JALビジネスクラスで往復する台北

日本発券のJALビジネスクラスは、割高だというのが、定石ですが、たまに、爆安なビジネスクラスが出たりします。例えば、こんなやつです。

東京発のJALビジネスクラスの台北往復が、なんと70,000円から。有料になったサーチャージを払っても、8万円でJALのビジネスで往復です。XクラスのFOPは、125%加算です。しかも、JALアジア便は1.5倍。

一つ問題は、羽田発着便は、都心から近くて便利ですが、不快ラックスことスカイラックス不快リクライナーことスカイリクライナー(facebookで読者の方に指摘されました)。成田便は、空港まで遠いですが、787のシェルフラットネオ。帯に短し襷に長しなので、羽田/台北/成田の変則で2泊弾丸で組んでみます。これで、帰りに、桃園のJALのラウンジが使えます。


航空運賃は、82,000÷2=41,000円 70,000÷2=35,000円 をあわせますので、76,000円。諸税サーチャージを加えても84,050円と爆安。

行きは、いつもの羽田のファーストラウンジからスタート。今回のJALカレーの付け合せは、焼き鳥丼です。

さて、行きは、不快ラックスシート不快リクライナーです。
今となっては、クラスJに毛が生えた程度のビジネスクラス。

そろそろ、引退じゃないですかね。このシート。
往復8万円。沖縄便のファーストクラスより安いので、文句は言いませんが。

さて、宿泊は、久しぶりのグランドハイアット台北です。

以前は、台北といえば、グランドハイアット台北だったのですが、ここのところ、リージェントやオークラなど中山に宿泊が多かったのですが、数年ぶりの信義区に宿泊です。

少し前にリニューアルがされていたので、ファシリティはかなり良くなっておりました。
2泊で、帰りの桃園まで、タクシーを飛ばして向かいます。

チェックインして、ラウンジの案内をもらいます。考えてみれば、桃園空港のJALのラウンジの記憶がありません。JAL・ANAで台北に来るときには、通常は、羽田発着の台北松山空港を使い、桃園を使うのは、那覇経由で来るとか、あとは、キャセイのときだけだからでしょうか。

表記を見ると、JAL桃園空港ラウンジとあります。サクララウンジでないということは、JALカレーはないのでしょうか?

 

 

ちゃんと、ありました。いつものJALカレーと色と味が少し違うような気がします。サクララウンジじゃないから?

縦長のラウンジで、台湾っぽいメニューもあります。
生ビールは、アサヒスーパードライ一択でしたので、パスしました。

ただ、さすが日本の航空会社のラウンジ。
ウォシュレット不足の台北でも、ラウンジのトイレは、安心のウォシュレット搭載。

そして、帰りの機材は787、シートは、シェルフラットネオ。正直、ビジネスクラスのシートは、これくらいは欲しいです。

トイレの話題のあとで、機内食の話題で恐縮ですが、

ワインは、相変わらずの軽いブルゴーニュのLOUIS MAX。僕の好みではありません。

食事は、特筆すべきことはほぼないので、再び、トイレの話題。
ボーイング787といえば、当然、トイレは、TOTO製。ウォシュレットつきです。

そろそろ、日系の航空会社は、全機材にウォシュレットでも、他メーカーのシャワートイレでもいいから、つけて欲しいところです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

スポンサードリンク



Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー