//
you’re reading...

featured

成田空港からヘリコプターで帰るの巻

成田空港は、主要国の中でも都心から最も離れた空港です。Hotels.comが主要国の空港の距離を比較した表を見てみても、71kmは異常です。

空港名 空港から都心までの距離 タクシー料金 タクシー時間 公共交通機関平均料金 公共交通機関平均乗車時間 公共交通機関
(エクスプレス)平均料金
公共交通機関
(エクスプレス)平均乗車時間
ハイヤー平均料金
メキシコ・シティ国際空港 11km ¥1,755 40分 ¥41 35分 ¥219 20分
エルドラド国際空港 15km ¥766 20分 ¥110 40分 ¥1,645
シンガポール・チャンギ国際空港 18km ¥1,864 25分 ¥110 60分 ¥219 60分 ¥5,154
スワンナプーム国際空港 27km ¥877 40分 ¥219 85分 ¥329 22分 ¥3,070
トロント・ピアソン国際空港 25km ¥5,373 50分 ¥329 75分 ¥4,935
仁川国際空港 58km ¥4,277 66分 ¥439 56分 ¥768 43分 ¥9,431
ダブリン空港 14km ¥3,509 25分 ¥439 30分 ¥877 40分 ¥4,496
香港国際空港 40km ¥4,167 30分 ¥439 40分 ¥1,426 24分 ¥3,509
台湾桃園国際空港 47km ¥3,290 42分 ¥439 60分 ¥4,825
北京首都国際空港 30km ¥1,645 28分 ¥439 61分
ミニストロ・ピスタリーニ国際空港(エセイサ国際空港) 31km ¥3,728 60分 ¥110 120分 ¥1,535 90分 ¥5,922
フィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港) 26km ¥5,593 30分 ¥548 55分 ¥1,535 30分 ¥5,593
アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港 20km ¥2,084 40分 ¥548 66分
アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス国際空港 29km ¥4,167 30分 ¥658 40分 ¥658 15分 ¥4,167
ジョン・F・ケネディ国際空港 24km ¥5,702 52分 ¥877 50分 ¥1,755 35分 ¥5,702
ロンドン・ヒースロー空港 24km ¥11,953 60分 ¥987 60分 ¥3,728 15分 ¥9,650
シドニー国際空港 8km ¥3,838 25分 ¥1,535 25分 ¥7,676
パリシャルル・ド・ゴール空港 31km ¥8,334 56分 ¥1,645 48分 ¥1,316 34分 ¥10,418
成田国際空港 71km ¥20,945 60分 ¥2,632 55分 ¥987 100分 ¥22,042
ベルリン・テーゲル国際空港 13km ¥3,290 30分 ¥329 20分 ¥329 20分

電車が整備されているので、公共交通機関での都心までの所要時間は、それほどではないと言っても、朝イチ便で成田に着くと、N’EXが動いていないという観光立国を目指している国とは思えない状況。平日に、間違って、一般の電車のグリーンに乗ってしまうと、グリーン車なのに、立っている人がいっぱい乗ってきて、席も立てないという地獄絵図が待っています。

一方、タクシーやハイヤーはというと、平日は、都心に近づくにつれて、だんだんと速度が遅くなり、渋滞。

なんと解消する方法はないかと考えていたところ、良さそうな手段が見つかりました。ヘリコプターです。

かつて森ビルの関連会社が、溜池のアークヒルズと成田空港間のヘリコプターサービスを提供していましたが、


終了してしまいました。都心側のヘリポートがアークヒルズということで、完璧だったのですが、成田空港側は、佐倉ヘリポートで、ハイヤーで移動でした。

現在は、東京側は、東京ヘリポートになってしまいますが、成田空港のヘリポートが使えます。最近は、空港の移動のみならず、ゴルフ場や初島などのリゾートに渋滞を避けて、ヘリコプターで行く方も増えてきたのか、様々な会社が都心空港間のヘリによるトランスポーテーションサービスを提供するようになりました。

おもしろそうなので、頼んでみました。森ビルのサービスのように乗り合いではなく、今回は、1台をチャーターすることにしました。

オンラインで、申込みをして、当日を迎えます。飛行機と同様、搭乗者のフルネームと生年月日を予め伝えて予約をします。

空港に到着すると、ハイヤー同様、ネームプレートを持った方が到着ゲートで待っていますので、そこで、合流し、まずは、スーツケースをJAL ABCで家に送ります。ヘリには、手荷物しか載せられないので、スーツケースやゴルフバッグは送るように事前に言われていました。

AMEXのプラチナカードであれば、一人あたり、2つまで無料で、スーツケースを自宅に送ることができます。

手荷物だけになったら、係の方と一緒に、ヘリコプター会社の車に乗って、成田空港に戻ります。

成田空港のゲートで一時停止して、係員に身分証明書を提示します。

搭乗者名簿とパスポートを一人ずつ照らし合わせて、確認が終わったら、ゲートが開いていよいよ中へ。ANAやJALの整備工場の横をゆっくりと車が走っていきます。沖止めの飛行機とゲート間の移動以外で、空港内を車で走るのは、不思議な気分です。


カーゴ機材ばかりが並びます。
奥に見えるのは、真っ白なボーイング747-400F。Atlas Airでしょうか?

空港を大回りして、成田空港内のヘリポートに到着します。

車を降りたら、手荷物を預かられて、すぐにヘリコプターに搭乗して、あっという間に離陸です。ラウンジとかないんですね。「え、もう飛ぶの?」という感じ。

離陸するとあっという間に上空。

揺れは結構ありますが、スピードはそんなに感じません。
眼下には、高速を走る車を見ると、後ろに流れていくので、高速移動していることを何となく感じる程度です。

幕張の高速ビルを過ぎたら、東京ディズニーリゾートが見えてきます。

TDRを抜けると、葛西臨海公園。

高度を一気に落として、東京ヘリポートへ着陸。飛んでから、本当に15分〜20分くらいでした。
ヘリコプターから下りると、見慣れたいつもの日本交通の黒タクが待っているので、タクシーに乗って、高速で自宅へ。こちらも15分。

非常に楽ちんでしたが、贅沢を言うと、新木場は言っても東京の外れなので、アークヒルズなど、都心に降りれるようになるとベストですね。荷物を預けるところが割と時間がかかるのが玉に瑕です。あとはコストが今回は、夫婦2名で乗りましたが、一人あたり、日本発のソウルのビジネスクラスくらいと、ちょっと高いので、さすがに毎回というわけにはいきませんが、平日早朝成田着とかの旅程のときは、検討してもいいかもしれません。
こんなに誰でも気軽に、ヘリコプターで移動できる時代が来たというのは驚きです。

箱根や初島にも、30分とかで行けるらしいので、ちょっとした贅沢として、そのうち、試してみたいところです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Follow our Facebook/twitter/RSS

spgamex

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー