//
you’re reading...

featured

SPGとMarriottのホテルプログラム統合のまとめ


facebookでは、お伝えしましたが、ついに、2018年8月1日に、SPG、マリオット、リッツ・カールトンのホテルプログラムが統合されることが発表されました。
2019年初旬に新プログラム名が発表され、その際にホテルカテゴリーの見直しが行われますが、まずは、8月1日に統合されます。

もともと2019年には、統合されると予測していましたので、慌てることはないと思いますが、

まずはアカウントが統合される形なので、統合からの半年間は、様々な期間限定スイートスポットがありそうなので、この期間に美味しそうな果実の摘み残しのないようにしましょう。

すべてが発表されているわけではありませんが、印象としては、マリオットのプログラムをベースにして、SPGの良いところ(航空会社のマイルへの移行とか)を取り入れた形です。残念ながら、消えていくベネフィットもあります。
新しい上級会員資格


新しい上級会員資格の獲得条件


新プログラムのティア 必要年間宿泊数
シルバー 10泊
ゴールド 25泊
プラチナ 50泊
プラチナプレミア 75泊
プラチナプレミアアンバサダー 100泊

いままで、上級会員資格の取得条件に入っていた滞在という考え方は、2019年以降はなくなり、全てのブランドの年間宿泊数に統一されます。2018年については、全てのブランドの年間宿泊数の総計(新プログラム規定)または、SPGの滞在数で、従来のSPGの上級会員資格基準で、資格を獲得し、対応する新プログラムのティアが付与されるようです。

現プログラム上級会員資格者への新プログラム上級会員資格対応表


SPGの上級会員資格 マリオット/リッツカールトンの上級会員資格 付与される新プログラムの上級会員資格
10~24泊達成のプリファードゲスト 10~24泊達成のシルバー シルバー
コーポレートプリファードゲスト シルバー
プリファードゲストプラス シルバー
ゴールド 25~49泊達成のシルバー ゴールド
プラチナ ゴールド プラチナ
Platinum Preferred Guest with 50 nights プラチナ
75泊達成のプラチナ プラチナ プラチナプレミア
100泊達成のプラチナ 100泊+対象となるご利用金額20,000米ドルのプラチナ プラチナプレミア アンバサダー

SPGゴールドには、新ゴールドが、マリオットゴールドには、新プラチナが付与されます。

ここで気になるのが、SPGアメックスやアメックス・プラチナで付与されたSPGゴールドを使って、マリオットゴールドをもらっている会員に付与されるのは、新ゴールドなのか、新プラチナなのかですが、ネットでは、プラチナではなく、ゴールドが付与されるという噂や、ステイタスマッチをして、マリオットのゴールドを取得している場合には、プラチナではないかという噂が流れているようです。

僕の勝手の予想は、ステイタスマッチで、マリオットのゴールドが付与されている以上、2018年のプログラムイヤー内は、ステイタスマッチとして、新プラチナが付与され、2019年以降は、ルールどおり、新ゴールドが付与されるのではないかというものです。あくまで勝手な予想です。

2018年5月10日追記
Note, the chart below does not apply to SPG Gold and SPG Platinum members who received Rewards Elite status due to linking and status matching.
という表記がマリオットのウェブサイト記載されたので、SPGアメックスでもらったマリオットゴールドは、新プラチナにはならないんじゃないかという可能性が濃厚になってきました。8月までに現状のベネフィットを堪能しておきましょう。

新プログラムの上級会員特典


新プログラムのティア ラウンジアクセス 朝食 レイトチェックアウト アップグレード ボーナスポイント
シルバーエリート X X X X 10%
ゴールドエリート X X 14時 25%
プラチナエリート 16時 ○スイート含む 50%
プラチナプレミアエリート 16時 ○スイート含む 75%
プラチナプレミアエリート アンバサダー 16時 ○スイート含む 75%

朝食は、リッツ・カールトンは、対象外ですが、従来対象外だったコートヤード、モクシーなどのホテルは、新たに対象になります。事実上、プラチナ以上でないとほとんどメリットがありません。

SPGのポイントについて


基本的に、マリオットのプログラムに統合されるということなので、今まで通り、SPG1ポイント=新プログラム3ポイントに2018年8月1日時点で変換されます。

SPGアメックスのポイントも、100円で1SPGポイントだったので、今後は、新プログラムの3ポイントがもらえるようになります。

航空会社への移行


SPGのポイントは、JAL・ANAを含む、多くの航空会社に、20,000ポイント交換すると25,000マイルに交換できることが大きなメリットでしたが、カンタス航空、ジェットブルー航空、ターキッシュ エアラインズなどが追加され、継続されます。

40以上の航空会社のマイルに移行可能
新プログラム3ポイント=1マイル
6万マイル交換=25,000マイル(5,000マイルボーナス)

バケーションパッケージ


バケーションパッケージについては、今のところ言及がありません。もしかしたら、継続される可能性もありますが、無くなる可能性もありますので、長期滞在の予定がある方は、今のうちに、交換しておいたほうがいいかもしれません。

無料宿泊特典と半年間のスイートスポット


8月1日から、下記のスタンダードのアワードチャートが適用されます。2019年からは、加えて、ピークとオフピーク期間が適用され、ピークは割増、オフピークは割引のレートで宿泊特典を利用できるようになります。

カテゴリー スタンダード8/1から オフピーク2019から ピーク2019から
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8(2019年より) 85,000 70,000 100,000

半年間、割安で高カテゴリホテルに泊まれるスイートスポット登場

ここでポイントは、2018年8月1日からスタンダードチャートですが、カテゴリー8は、2018年中は、適用されないので、最高レートがカテゴリー7の一泊60,000ポイントになるということです。

どのホテルがどのカテゴリーに分類されるかが発表されていませんが、現行のSPGプログラムでは、最高カテゴリの7の宿泊は、30,000SPGポイントまたは35,000SPGポイントです。

馴染みの深いところでいうと、大阪のセントレジスは、SPGのカテゴリー7ですので、一泊30,000SPGポイント。

1SPGポイント=3新プログラムポイントなので、

SPGのプログラムで予約   : 1泊30,000SPGポイント   =1泊90,000新プログラムポイント
新プログラムで8月以降予約 : 1泊20,000SPGポイント以下 =1泊60,000新プログラムポイント以下

発表されていませんが、セントレジス大阪は、おそらくカテゴリー8だと思われます。だとすれば、2018年8月1日からの半年間は、カテゴリ7扱いとなり、一泊60,000新ポイント=20,000SPGポイント相当です。万が一、カテゴリーが6以下だとすれば、更に安くなりますが、おそらくカテゴリ8、もしくは7でしょう。

今、SPGで特典を予約するより、8月1日からのバーゲン期間に特典予約したほうが、2/3のポイント数での予約が可能です。
SPGのポイントでいえば、1泊あたり1万ポイントもお得です。

ちなみに、2018年7末以前に予約した特典でも、8月1日以降に日付変更をすると、その時のレートで再計算されるようなので、すでに予約してしまった人は、8月1日以降に日付変更をおすすめします。

2018年の戦略


7月までにやっておきたいこと
バケーションパッケージの行方がわからないので、長期の旅行を予定されている方は、7月までにバケーションパッケージに交換しておきましょう。

ボーナス期間に向けてポイントをとにかく貯める
facebookでは、ネットの噂を書き込みましたが、やはり、SPGアメックスの紹介ボーナスポイントに変更がありました。従来、通常1万、紹介は、3ヶ月以内に10万円使うだけで、17,000ポイント(+通常ポイント1,000ポイント)だったのが、12,000ポイント(+通常ポイント1,000ポイント)に変更になりましたが、13,000ポイントでも、新プログラムでは、39,000ポイント。
すでに、SPGアメックスをお持ちの方は、8月からのボーナス期間に向けて、カードの決済をSPGアメックスに集中させましょう。

航空会社への交換は必要がなければ急がなくてよい
むしろ、対象航空会社も増えるのと、レートも変わらないので、マイルへの交換は急ぐ必要はありません。

8月からのボーナス期間にやること

カテゴリー7対象のホテルをとにかくこの時期に特典予約する
貯めておいたポイントを使って、割安なSPGのカテゴリー7のホテルをこの時期にまとめて予約します。すでに、SPGのホテルの予約をしてしまっていた人は、忘れずに予約をずらしましょう。予約をずらして、戻せば、再計算されるはずです。

ステイタスマッチのマリオットゴールドが万が一プラチナになったら
6ヶ月間のプラチナ期間に、SPGのホテルを中心に泊まって、残り僅かなプラチナを堪能しましょう。

(上級編)確実にプラチナになりたい方へ
この期間に一気にプラチナチャレンジをして、とりあえず、2020年までプラチナになっておくという手があります。

すでにSPGアメックスやAMEXプラチナで貰ったSPGゴールドをマリオットゴールドにステイタスマッチしている方は、マリオットのプラチナチャレンジを申請して、3ヶ月間に9滞在すれば、無事プラチナになれます。東京でも、大阪でもモクシーという安いホテルがあるので、うまくやれば、1.5万〜2万円で9泊分でプラチナがとれます。ですが、あくまで滞在なので、少なくとも、1日置きにチェックインチェックアウトを9回繰り返す必要があります。

一方、マリオットゴールドにステイタスマッチをしていない方や、これからSPGアメックスを作る方は、SPGのプラチナチャレンジです。
こちらは、3ヶ月以内に18泊でOKです。滞在ではなくて、泊なので、連続滞在、チェックイン・チェックアウトは1回でも大丈夫です。
SPGは、同日3部屋分まで、エリジブルステイにカウントできますので、3部屋を押さえれば、6泊すれば、18泊達成です。

今、やれば、2020年までは、プラチナを維持できます。

あと、5/31までSPG恒例の35%オフセールをやってます。ホテルの特典として使うには、バイポイントだと価格が合わないので、購入したポイントは、航空会社のマイルに変えて、ビジネスクラス以上の特典航空券に変えましょう。

バイポイントする際には、下記記事を参考に、必ず、キャッシュバックサイト経由で、できれば、SPGアメックスで決済して、最大効率を目指しましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー