//
you’re reading...

クレジットカード

自宅から空港まで快適にできるだけ安く移動する手段を考える

一つ前の記事で、Uberをご紹介しましたが、今回は、予告通り、自宅から空港までのタクシー移動についてです。

この正月休みを海外で過ごされる方も多いと思いますが、正月休みや夏休みのように少し長い休みに旅行に行く時に、家と空港間の移動手段をどうするか、となると、特にスーツケースを持っていたり、朝一の便だったりすると、タクシー以外の手段というのが、難しい。

自分の車という手段もないわけではないんですが、行きは良くても、帰りに、飛行機の中でお酒を控えなければならない制限もありますし、そもそも、盆暮正月などの空港の駐車場は、満車の可能性もあるので、予約は必須ですが、予約状況を見てみると以下のとおり。

 

羽田空港

自分の車の可能性はありません。 ということで、タクシー縛りで考えます。ちなみに、私の家は、港区にあるので、原則港区と空港間の話ですが、他の都心地域でも参考にはしていただけると思います。

まず、羽田空港の場合 最近、タクシーに乗ると、空港送迎定額タクシーという表示をよく見かけますが、なぜか、港区は対象外であることが多く、日本交通を見ても、港区は対象外。

 

対象地域

ちなみに、台東区からでも、新宿区からでも、千代田区でも定額で 6,000円ですが、彼らの通り道である我が家から、タクシーで行くと、概ね7000円ほどかかるという逆転現象が起きています。 と思っていたら、こんなサイトを見つけました。

 

らくらくタクシー
http://www.rakurakutaxi.jp/
らくらくタクシー

自宅の住所から、羽田空港の国際線ターミナルを指定して、検索すると、定額で5,350円。
タクシー会社を選択して、予約して、あとは確認電話を待って、当日を迎えるだけです。
今後は、これを活用することになりそうです。

次は、成田空港から海外に行く場合
前回ご紹介したUberの定額では、東京23区から成田空港の定額は、4万円。高すぎです。まあ、ハイヤーですから。

日本交通のハイヤーでも、35,000円が目安そうで。

タクシーの定額はというと、港区からだと17,000円程度。MKでも、らくらくタクシーでも同額です。
TOKYO MK

 

MKだと港区は、台場以外は東京Cゾーンなので,17,000円

メーターに比べれば、安いですが、往復で34,000円と考えると絶対額が高く感じます。

AMEXのトラベルデスク(またはプラチナコンシェルジュデスク)を通じて国際線航空券を購入する方法

年間片道4回だけですが、AMEXの会員の方は、AMEXのトラベルデスク(またはプラチナコンシェルジュデスク)を通じて、国際線の航空券を購入した場合には、自宅から羽田空港または成田空港までのタクシーが爆安になるサービスがあります。

プラチナの方は、ゴールドと同じです。
AMEX HANEDA AMEX narita

 

なんと、成田空港まで、23区全域から片道1万円です。
しかも、国際線の航空券をAMEXのデスクで買うだけ。ゴールド、プラチナともに、年間片道4回までなので、羽田で使うのはもったいないです。年間2回、成田から海外で出る人なら、それだけでも、AMEXのゴールドを持つことをおすすめします。

当サイト限定初年度年会費無料アメックスゴールド申込みはこちら

さらにAMEXのプラチナ会員は、1度に100万円以上の国際線航空券かパッケージツアーをプラチナデスク経由で買うと、往復送迎が無料になり、これは、年間の回数制限はありません。

実際のオペレーションは、東京MKタクシーがやっていて、先日頼んだ時は、大きめのモニターがついているBMWのアクティブハイブリッド7で、非常に快適でした。
BMWACTIVEHYBRID7

車種は事前に指定できないので、帰りは、クラウンでしたが。

同様のサービスは、CITIカードゴールド、CITIカードプラチナにもあるのですが、こちらは、トラベルデスク経由で、50万円以上の旅行で片道が概ね無料(遠いと差額を払わせられます)、100万円以上で往復が概ね無料ですが、50万円未満のときに、有料で割引で定額タクシーに乗れるというサービスはありません。

羽田に行く時には、らくらくタクシーのサイトで予約をして、成田のときには、AMEXのデスクで航空券を手配してもらって、割引で空港送迎をお願いするというのがベストのようです。

ちなみにアメックスをまだお持ちでない方はこちらか申し込むと初年度無料です。


当サイト限定初年度年会費無料アメックスゴールド申込みはこちら

 

これ以外にも、JALの欧米線(ハワイ除く)のビジネスクラス、ファーストクラスを下記の運賃で、日本で購入すると羽田でも、成田でも自宅まで送ってくれるとか、
・ファーストクラス大人普通運賃
・ビジネスクラス大人普通運賃
・ビジネスセイバー運賃
・ビジネスセイバー7運賃
・ビジネスセイバー14運賃

エミレーツでは、東京の往復、現地でホテルまでの往復の送迎がついたりと、航空会社の上級キャビンクラスを高い料金で買ったときのみというのはありますが、差額を考えると、自分で払ったほうが良さそうです。エミレーツは、ソウル発券とかでも対象なので、行き先とタイミングによっては使える時があるかもしれませんが、それはまた別途。

こういうチケットとか

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

Trackbacks/Pingbacks

  1. […] (過去記事)自宅から空港まで快適にできるだけ安く移動する手段を考える […]

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー