年末に香港に行く機会があったので、アメックスセンチュリオンラウンジによってきました。

香港の空港ラウンジといえば、キャセイパシフィックのTHE PIERファーストクラスラウンジ一択ですが、THE DECKからTHE PIERに向かう途中に、アメックスセンチュリオンラウンジができていました。

センチュリオンラウンジは、アメックス会員向けの空港ラウンジで、殆どが米国内にあり、現時点で米国外にあるセンチュリオンラウンジは、この香港だけです。

センチュリオンという名称がついていますが、センチュリオンカード会員のみならず、アメックス・プラチナカード会員も利用できます。

エスカレーターを上って、案内表示に従って進みます。

入り口でプラチナカードを見せると、WiFiのカードを渡されて、中へ向かいます。

通路を通って一番奥にラウンジが。右手には会議室があります。
通路沿いにある会議室

あまり広くなく、中は、客でそこそこの混み具合です。ここでは、食事は、セルフサービスのビュッフェ。お酒は、バーカウンターで頼む形式です。

実は、センチュリオンカード会員向けには、専用エリアがあり、そこでは、ビュッフェではなく、アラカルトでの注文が可能なようです。お酒も、さらに品揃えがよいみたいですが、僕はプラチナカードしか持っていないので、入れません。

プラチナカード会員が入れるエリアは、ビジネスクラスラウンジ、センチュリオンカード会員が入れるエリアは、ファーストクラスラウンジという感じでしょうか。

混んでいるし、このレベルのラウンジを使う理由もないので、このラウンジを出て、キャセイパシフィックのTHE PIERファーストラウンジに向かいました。

今後も、香港空港では、キャセイパシフィックのTHE PIERファーストラウンジに一択なのは、変わりそうにありません.


プッシュ通知を