Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
//
you’re reading...

割安航空券

BritishAirways特典をまとめてみた(その1)BAのどこが凄いのか

ワンワールド・JAL派の人は、近距離は、BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)の特典でというのは、もはや、常識になってしまいましたが、JALのシステム変更やBAのシステム変更もあり、いろいろ変わっているので、今一度、変更点も含めてまとめ直すことにしました。ブリティッシュ・エアウェイズのマイルは、Aviosという呼称ですが、面倒なので、マイルと表記します。

ブリティッシュエアウェイズの特典のどこがすごいのか?


ブリティッシュ・エアウェイズは、イギリスの「フラッグ・キャリア」でアライアンスは、ワンワールド。JALとは、欧州線の共同事業を行っています。

特典航空券の特徴としては、
・特典航空券の利用者の制限がない。
・短距離の必要マイル数が少なく、中長距離の必要マイル数が多め。
・片道での発券が可能
・搭乗日当日まで発券可能
・24時間前までのキャンセルは、マイル全部返還

と、かなり自由度が高く使いやすいプログラムです。

※発券から24時間を超えた航空券のキャンセルは、キャンセル料5740円ということですが、実際に支払った現金がキャンセル料を超えていない場合、差額が請求されることはないとのことで、実際、国内線の片道を発券から24時間を超えて、キャンセルしましたが、290円が返ってきませんでしたが、マイルは全額返還されました。

特典航空券の必要マイル数(片道)

エコノミー ビジネス ファースト
1-650 4,500 9,000 18,000
651-1150 7,500 15,000 30,000
1151-2000 10,000 20,000 40,000
2001-3000 12,500 37,500 50,000
3001-4000 20,000 60,000 80,000
4001-5500 25,000 75,000 100,000
5501-6500 30,000 90,000 120,000
6501-7000 35,000 105,000 140,000

JALの国内線が東京起点だとほぼ9,000マイルで当日まで発券できる
ブリティッシュ・エアウェイズの特典航空券では、国内線はJALグループ路線が特典でとれます。

かなり使い勝手がよいので、とりあえず、常にBAに9,000マイルは入れておいて、当日急にどこかに

特典予約可能期間:60日前〜当日
必要マイル:東京起点だとほぼ往復9000マイル+580円
24時間前までのキャンセルでマイル全額返還
対象路線:JAL・JTA・JAirなどのJALグループ運行路線
対象クラス:特典で取れるのは、エコノミーだけ。クラスJ、ファーストは当日空席があれば、有償UG可能

電話で予約する場合は、通常は手数料がかかりますが、JTAの路線がネットで表示されないなどの場合には、無料です。
やはり、ポイントは驚きの必要マイル数で、650マイル以内の目的地へは、片道4,500マイル+290円で発券できます。

日本は、小さな国なので、東京を中心に650マイルで円を書くとほとんどの都市が入ってしまいます。
東京起点の目的地別の距離を調べてみます。

那覇と奄美と石垣は対象外ですが、それ以外の目的地は、片道4,500マイル、往復9,000マイルで行けます。エコノミーしかないので、短距離便をおすすめしますが、空いている便を狙って、当日ファーストやクラスJにアップグレードすることも可能です。


国際線でも近距離ビジネスクラスは、必要マイルが低い
BAは、国際線も近距離のビジネスクラスが割安です。日本発の近距離の国際線を考えると、日本アジア路線になりますが、BA運航便は、全くありません。ですが、ワンワールドなので、JALのビジネスクラスが特典航空券が発券可能なので、JALを中心に考えます。

特典予約可能期間:355日前〜当日
それ以外のキャンセル等の規定は、国内線と同じです。

JALのビジネスクラスを特典で発券となると、比較されるのは、JAL、そして、アジアのビジネスクラスといえば、アラスカ航空です。JALは、期間と曜日の組み合わせが条件をみたすことで、通常より必要マイル数が少ない曜日限定のディスカウントもあるので、BA,JAL通常,アラスカ航空,JAL曜日限定の比較表を東京発着で作りました。

これを見ると、成田ー釜山線は、JALの半分。何と18,000マイルです。
ソウル、上海、香港、マニラなどの近場は、BAがお得です。JALの曜日限定ディスカウントが概ね同じ必要マイル数ですが、往復でないと適用されなかったり、繁忙期は、対象外だったりと使い勝手が悪いので、同じマイル数であれば、BAを利用したほうがよいです。BAは、全期間レートは固定で、もちろん、片道でも当日までとれます。

ちなみに、ベトナム以遠が目的地のJALビジネスクラスは、過去にもご紹介しているアラスカ航空が最もお得です。こちらも、全期間レート固定で片道でもとれます。アラスカは、海外発券を活用することで、実質半分のマイル数で特典発券が可能ですが、それは、過去の記事をご参照ください。


マイル&キャッシュでさらに少ないマイルで飛べる
もう一つ、BAのすごいところは、マイルだけじゃなくて、キャッシュと組み合わせて払えてしまうところです。残念ながら、JAL便はだめなんですが、キャセイパシフィック航空やマレーシア航空の場合だと、マイルとキャッシュの組み合わせオプションを選ぶことができます。

例えば、香港のビジネスクラスの場合、

通常だと、
40,000マイル+11,150円ですが、

一番マイルを少なく、現金を多くすると、
22,000マイル+39,950円が選択可能。

18,000マイルを28,800円で買う形です。1マイル=1.6円
ブリティッシュ・エアウェイズのマイルを1マイル1.6円で買うことは、通常、できませんから、これは、現金を多く使った方がお得です。

22,000マイルと4万円弱で、東京香港間のビジネスクラス往復であれば、かなり安いのではないでしょうか?しかも、ブラックアウト時期はありません。

ちなみに、ゴールデンウィークや年末年始のキャセイパシフィックの東京香港間の往復ビジネスクラスチケットは17万円です。

では、ブリティッシュ・エアウェイズのマイル(Avios)は、どうやって手に入れるのか?
これは、次の記事その2でまとめます。

BritishAirways特典をまとめてみた
(その1)BAのどこが凄いのか
https://geektravellers.com/?p=4916
(その2)BAのマイルの貯め方
https://geektravellers.com/?p=4949
(その3)特典の発券から座席指定まで
https://geektravellers.com/?p=4972

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Follow our Facebook/twitter/RSS

spgamex

feedlyをご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー