上海で、グランドハイアットに宿泊しました。最近、あんまりハイアットに泊まっていないので、ハイアットのポイントプログラムWorld of Hyattでは、平民です。

上海の浦東中心部、上海タワーの隣に立つ、ジンマオタワーの上層部にあります。
パークハイアット東京と同様、車寄せから入ると、すぐエレベーターです。ちなみに、1階にいるベルは、ほとんど働かないです。荷物を運ぼうとも、タクシーを呼ぼうともしません。


グランドハイアットは54階から87階にあり、まずは、フロントのある54階まで上がります。
フロントが混んでいたので、クラブフロア宿泊の旨を伝えると、クラブラウンジでのチェックインを促されます。フロントから、客室へのエレベーターは、カードキーが必要なので、スタッフがエレベーターまで同行し、クラブラウンジ階のボタンを押してくれました。

チェックインを終え、いよいよ部屋へ。

金ピカ感が中華圏を感じさせます。フロアは70階台でした。
吹き抜けがすごいです。下を除くと
見えているのは、フロント階の54階ですので、20フロアくらい下を見ている感じです。


部屋は、L字に2部屋ごとに入り口があります。
今回の部屋は、向かって右側です。

ドアを開けると日本間でいう次の間みたいなスペースです。荷物置きと、クローゼット、Nespressoマシン、冷蔵庫などがある部屋です。

突き当りを左に曲がると、ベッドルーム。

さすが、全部屋が40平米以上とあって、広いです。
バスルームは、こちら。

夜の外の景色はこんな感じでした。

ちなみに昼間はこんな感じ。

さて、次は、クラブラウンジ「グランドクラブ」です。

そもそも、この階にエレベーターを止めるのにカードキーがいるせいでしょうか?
グランドクラブに入る際に、部屋番号を確認されることは一度もありませんでした。

本当に、上海タワーがすぐ横です。

奥にも部屋があり、少し雰囲気が異なります。

朝食のときにしか行きませんでしたが、朝食は、可もなく不可もなく。

ヤクルトが大人気で、追加されると、あっという間になくなります。
過去の写真を見ると、クラブラウンジ内に階段があって、2フロアになっていたようなのですが、今回行ったときには、1フロアのみです。


飲茶メニューがあるのは嬉しいです。

使いませんでしたが、クラブフロア宿泊者が利用できる会議室が入り口にありました。

カクテルタイムを利用することができなかったので、どんな感じだったのか気になります。
初日、飛行機の遅延で、遅い時間についてしまったので、最上階にあるCloud9というバーに行ってみました。

客室エレベーターでは、直接行けず、専用エレベーターに乗り換えが必要でした。

軽く飲んで、部屋に戻って、寝ようと思ったのですが、寒くてすぐに起きました。


やっぱり。アジアのホテルは温度設定の確認が必須です。


プッシュ通知を