Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
//
you’re reading...

AIRLINES

【2018年4月改定版】新ソラチカルートでハピタスを活用してANAのマイルを年間25万マイル貯める方法

title

ハピタスといえば、「ソラチカカード」との組み合わせのゴールデンルートで、年間最大ANAのマイルが216,000マイル、効率を落としてもよければ、さらに+60,000マイル、最大で合計277,000マイルまで貯められるというご紹介をしているポイントバックサイトでした。

ですが、2018年3月末を以て、ドットマネーやPeX等のポイントサイトから、メトロポイントへの交換が終了したことで、すでにメトロポイントに移行されているポイントは、ANAマイルに移行できるものの、新たにハピタスで稼いだポイントを90%の交換率で、ANAマイルに移行することができなくなってしまいました。

ハピタスのポイントは、1ヶ月に3万ポイントまでしか交換できないので、まだ、20万ポイントあるのに、これはどうしたら良いっていうんだ!と思っている方がいっぱいいらっしゃると思います。

そんなあなたに朗報です。新ソラチカルートが残っています。
ハピタスのポイントがたくさんある方も、これから、始めようと思っているあなたも、交換率81%でハピタス100ポイント→ANAマイル81マイルのルートが残っています。

しかも、これから、始める方には、さらに朗報。
2018年4月20日(金)23:59までに下記のリンクから、ハピタスに新規入会して、2018年5月31日までに300ポイント以上を交換すると1,000ポイントがもれなくもらえます。
(キャンペーン期間以外は、入会で100ポイント、初回利用で100ポイントもらえます)

ハピタス新規入会はこらちらから

さて、今回の新ソラチカルートですが、
ハピタス100%→PeX100%→ワールドプレゼント100%→Gポイント100%→LINEポイント100%→メトロポイント90%→ANAマイル81%

となり、ハピタスの10,000ポイントがANA8,100マイルになります。
ハピタスからは、月間3万ポイントが移行上限。メトロポイントからANAマイルへは、月間2万ポイントの上限なので、効率を考えると、ハピタスから23,000ポイントを移行して、20,700ポイントがメトロポイントになりますが、あまりが出てしますので、やるなら、わかりやすく2万ポイントでいいと思います。

ということで、引き続き、2018年4月以降もANA派の方は、ハピタスで貯めましょう。
会員登録をしたことのない方は、この機会にこの記事のリンクから入会してみてください。

ハピタスを活用して、JALのマイルを貯めたいという方は、下記の記事を参照ください。

JAL派の方は、moppyのキャンペーンだとかなり効率がいいです。

 

図解するとこうなります。

 

 

簡単にいえば、
1.ハピタス会員になってでポイントを貯める

2.PeXの会員になってハピタスからドットマネーに毎月3万ポイント(3万円相当)を移行する。
ハピタス1pt=PeXに10ptで移行可能だが、ハピタスのポイントポイント移行には、月間3万ポイントの上限があるので、毎月3万ポイントをドットマネーに移行する。

3.ソラチカカードと三井住友VISAカードを作る(持っている人はスキップ)

4.PeXから三井住友カードのワールドプレゼントにPeX20万ポイント(2万円相当)を移行する。
PeXからワールドプレゼントへは、PeX100pt=ワールドプレゼント2ptで交換できる。
ここまで、価値は全く減っていません。

5.ワールドプレゼント4000ポイント(2万円相当)をLINEポイントに移行する
ワールドプレゼント1pt=LINEポイント5ポイント

6.LINEポイント(2万円相当)をメトロポイントに移行する
LINEポイント1pt=0.9メトロポイント

 

7.メトロポイント18,000ポイント(18,000円相当)をソラチカカード会員レートでANAに移行する。
18000ポイントをANAへ移行。2万ポイント=18,000ANAマイルが毎月獲得できる。

毎月、新ソラチカルートで16,200マイル移行できるので、年間最大194,400マイル。

※この状態では、PeXに1万ポイントずつ毎月余ってしまいます。さらにANAマイルを短期で獲得したい方はこの1万ハピタスポイントを効率は落ちますが、ANAマイルに移行していきます。

8.PeXからTポイントに1万ポイント(1万円相当)を移行
ドットマネーからANAに直接交換もできますが、300pt=85マイルと1pt=0.28マイルと非効率。
ドットマネーからTポイントには、1ポイント=Tポイント1ポイントで交換できる。

9.Tポイント1万ポイント(1万円相当)をANAマイルに移行
TポイントからANAマイルには、Tポイント1ポイント=0.5ANAマイルに移行可能。

これで、毎月5,000ANAマイルが獲得できます。先ほどの新ソラチカルートに加えて、年間最大6万マイルが獲得できるので、年間トータルで254,400マイルが獲得できるというものです。
この254,400マイルとは、どのくらいのマイル数なのでしょうか?
100円で1マイル貯まるクレジットカードで言えば、2544万円分。なかなかな額です。

ANAの特典チャートを見ると、

日本発のヨーロッパファーストクラスで165,000マイル〜18万マイル
最近、設定されたシンガポール行きファーストなら105,000〜114,000マイル
ビジネスでよければ、シンガポール往復でも55,000〜63,000マイル

254,400マイルといえば、

韓国ビジネスクラスだけなら、最大10往復
香港・台北ビジネスクラスなら、最大7往復
シンガポールビジネスクラスなら、最大4往復
ヨーロッパビジネスクラスなら、最大3往復
国内線なら、エコですが、東京ー大阪なら最大25往復
東京ー那覇なら、最大18往復と普通の方なら、十分なマイルです。

これから、ANAで上級会員を目指すという方は、ANAカードのゴールド以上を作って、ANAマイルをANAコインに変えるという手もあります。ANAコインは、ANAの航空券を買える現金と同じ扱いなので、ANAコインで航空券を購入すれば、プレミアムポイントを貯められます。
ANAコイン
ANAカードのゴールド以上は、50,000マイル以上まとめてANAコインに交換すれば、1.6倍のコインになるので、277,000マイル=443,200円分のANAコインになります。44万円分のANAコインがあれば、結構航空券が買えると思います。株主優待と組み合わせて、国内線プレミアムクラスで、沖縄を往復すれば、ヘタすると一円も払わずにスーパーフライヤーになれるかもしれません。

今回のルートは三井住友カードが必要なので、SFCをお持ちでない方は、SFCを見据えて、三井住友ANAゴールドカードを作っても良いかもしれません。

まだ、ハピタスに登録していない方は、このチャンスに登録して1,000pt=1,000円をゲットしてみてはいかがでしょうか?(キャンペーン期間以外は、入会で100ポイント、初回利用で100ポイントもらえます)

■準備編

1)ハピタスに入会します。

すでにアカウントを持っている人は、2)へ。

まだ、ハピタスに入会したことがない方は、

こちらから

ハピタスに入会します。

リンク先の「今スグ会員登録!」という画像をクリックして、フォームに必要事項を入力します。

必須項目は、
・ニックネーム(本名でなくてもOK)
・メールアドレス
・性別
・生年月日
・職業
・都道府県
・メールマガジンの購読確認(受信しなくてもよいです)

入力が完了したら、「「個人情報の取り扱いについて」と「ハピタス利用規約」に同意する」の横のチェックボックスをチェックして、「同意して確認画面へ」をクリック。
確認画面で入力内容を確認して、問題があれば戻って修正、問題なければ、「送信」ボタンをクリック。

すると、先ほど登録したメールアドレスに本登録用の確認メールが届きます。

メールの中に

▼下記のURLより、会員登録を完了させてください。
https://hapitas.jp/register・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というようなところがあるので、このhttpsから続くところをクリックすると会員登録完了です。(うまくいかない時は、このhttpsからの一文をコピーして、ブラウザにコピペしてアクセスしてください)

以上で、ハピタスへの登録は完了です。

2)ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を申し込みます。

ソラチカカードをお持ちの方は、3)へ

 

ソラチカカードをお持ちでない方は、

こちらから申し込み

をすると、初年度の年会費が無料になり、しかも、入会時に1,000マイルがもらえます。

「ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)はこちら」をクリックして、申し込みをスタート。かつては、パピタス経由でソラチカカードを作って、ハピタスポイントを貰えましたが、今は、それもないので、普通に作ります。

ここからの流れは、以下のようになります。

手続き

以下の銀行を引き落とし口座にする場合には、オンラインで申し込みが完了します。
(インターネットバンキングのアカウントが分かる場合のみ)
・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・千葉銀行・広島銀行・福岡銀行・静岡銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・セブン銀行

 

「同意のうえ、入力へ進む」を押して、入力へ。

コース

ポイントコースは、10マイルだと年間2000円かかります。今回のボーナスの6,000マイル相当のポイントは、関係無く交換できるので、メインでこのカードを使用するのでなければ、マルチポイントコース(5マイル)にしておいて、あとで、ポイントが蛸さんたまった時に、必要であれば10マイルコースに入ることもできます。

手続きが完了したら、カードの到着を待ちましょう。

 

 

3)Pexに登録 登録済みの方は次のステップへ
気が早いですが、PeXの会員登録もしておきましょう。

こちらから、トップページにアクセス

右上の「会員登録」をクリックして、メールアドレスを入力して、画像認証ようの文字を入力、規約への同意をして、「仮登録メールを送信」ボタンをクリック。

入力したメールアドレスに、登録用のアドレスが届くので、そこをクリックして、会員登録を進めて本登録してください。

4)三井住友カードを持っていない方は、三井住友カードを作成(持っている方は次のステップへ)

ワールドプレゼントは、三井住友カードのポイントプログラムなので、なんでもいいので、三井住友カードを作る必要があります。

ちなみに、ANAのスーパーフライヤーズカードをお持ちの方は、三井住友カードに切り替えるのが、一番維持費が安くて、オトクなので、切り替えましょう。

もし、お持ちでない方は、ハピタスへログイン後、「エブリプラス」を作りましょう。
すべてリボ払いになってしまうので、使うと金利分、損ですが、年会費が無料なので、ワールドプレゼントのアカウント目的なら、これがおすすめです。

ショッピング利用で、ハピタスポイントももらえます。今なら、9,000ポイント。ポイントをもらうには、1回だけショッピング利用が必須ですが、この1回をリボの支払い額より少ない額の利用にとどめれば、金利もかかりません。その後は、タンスにでもしまっておきましょう。

カードが届いたら、Vpassというオンラインで明細を確認できるサイトに登録します。このサイトで、ワールドプレゼントというポイントをLINEポイントに移行する手続きができるようになります。

 

5)Gポイントの無料アカウント作成(すでに持っている方は次のステップへ)

こちらから、無料アカウントを作成すると細かいですが、50ポイントもらえます。

6)最後です。LINEのアカウントを作ります。(持っている人は、こちら)

スマホで、LINEアプリをダウンロードして、アカウントを作ってください。
https://line.me/ja/download

7)さて、いよいよ、ポイントを稼ぎます。

おすすめは、「口座を作って、1回取引を行うだけで成果となるFX口座開設」と「年会費無料のクレカを作って、成果となるもの」に絞ります。

追加コストが殆どかからないハピタスのポイントバック対象案件ポイント付与は、判定までに早くても30日はかかるので、ソラチカカードが届く前に、ハピタスでポイントを獲得してしまいましょう。

例を挙げるとこんなもの。

やったことのない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると、FXとは証拠金外国為替取引と言って、入金した額の最大25倍の外貨の売り買いができるというものです。例えば、米ドルを100円で、1万通貨(1万ドル)買う場合、100万円が必要ですが、FXの場合、4万円の証拠金で買うことができます。これがレバレッジ25倍です。

4万円☓25倍=100万円。

ちなみに、ドルが101円になれば、差額の1円☓1万通貨=1万円の儲け
ドルが99円になれば、−1円☓1万通貨=1万円の損
になります。

大抵、1万通貨の取引でポイントバック成立なので、口座を作ったら、10万円位入れて、1万ドルを買って、すぐに1万ドルを売却するというのであれば、相場変動がない状態で売り買いができれば、米ドル/円でいえば、0.003円。わずか30円の損で済みます。

下記は、DMM FXの画面です。
FX

1万ドル買って、1万ドル売るというのが終わりさえすれば、出金手続きをして問題ありません。次のFX会社に入金して、売買を1セットやっての繰り返しです。
自動売買をやらなければならないもの、特殊なソフトが必要なもの、商品先物などは、すべて除外して、いわゆる普通のFX口座を作って、入金して、1回、もしくは2回取引(1万通貨程度)を取引するだけというもので、5,000ポイント以上の案件をリストアップしました。

 FX/CFD証券会社 条件 獲得ポイント
アイネット証券 アイネットFX 口座開設+取引 24,000
トレイダーズ証券 みんなのFX 口座開設+取引 15,000
SBI FXトレード 口座開設+取引 12,000
マネースクウェア・ジャパン M2JFX 口座開設+取引 10,000
外為ジャパンFX 口座開設+取引 10,000
FXブロードネット ブロードコース 口座開設+取引 10,000
efx.com証券ではじめる【くりっく365】 口座開設+取引 10,000
FXプライム byGMO 選べる外貨 口座開設+取引 9,000
外為オンライン 口座開設+取引 8,500
【マネックス証券】マネックスFXプレミアム 口座開設+取引 7,500
アイネット証券 シストレi-NET 口座開設+取引 7,500
DMM.com証券 DMM CFD 口座開設+取引 7,500
東岳証券 FX HorizonPro 口座開設+取引 6,600
fx-on.com 口座開設+取引 5,500
インヴァスト証券「トライオートFX」 口座開設+取引 5,000
GMOクリック証券 FXネオ 口座開設+取引 5,000
合計 153,100

(掲載されているFXやクレカのポイントは時期で変化しますが、常にこれくらいのものがあります)

これだけで153,100ポイント。ゴールデンルートでANAマイルに移行すると137,790マイル。

さらに、年会費が無料(初年度無料を含む)のクレジットカードで、5,000ポイント以上のポイントが獲得できるものをリストアップすると、

年会費無料クレジットカード 条件 ポイント 年会費
Jizile(ジザイル)カード カード発行+5000円利用 12,000 年会費無料
アメリカン・エキスプレス(R)・カード【新規カード発行】 カード発行 11,500 初年度年会費無料
VIASOカード カード発行+5000円利用 9,000 年会費無料
三菱UFJニコス「MUFGカード」 カード発行+5000円利用 9,000 年会費無料
PARCOカード(キャッシング枠付き) カード発行 5,500 年会費無料
タカシマヤ《セゾン》カード(キャッシング枠付き) カード発行 5,500 年会費無料
MUJIカード(キャッシング枠付き) カード発行 5,000 年会費無料
ウォルマートカード セゾン(キャッシング枠付き) カード発行 5,000 年会費無料
合計 62500

これだけで62,500ポイント。ANAマイルに移行すると56,250マイル。
これ以外にも、5,000ポイント未満の案件も結構ありますし、新しい案件もちょくちょく追加されるので、追加していけば、年間移行上限の36万ポイントを1年間に獲得するのはそれほど大変ではありません。

 

 

■毎月のルーチン

・1ハピタスポイント→0.81ANAマイル

ポイント移行にかかる時間は、それぞれ以下の通り。

hapitas PeX 交換申請の翌日より3営業日以内
PeX ワールドプレゼント 翌月25日前後
ワールドプレゼント Gpoint 即時
Gpoint LINEポイント2〜3日後
LINEポイント メトロポイント 15日締め翌月10日
メトロポイント ANAマイル 11日頃締め翌月8日頃

なので、毎月のルーチンとしては、

毎月5日 ハピタスからPeXに30000ポイント移行(1万ポイントはTポイントルートにしても翌月にまわしても良し)
毎月8日 PeXからワールドプレゼントに200000ポイント移行
毎月10日 メトロポイントからANAに18000ポイント移行
毎月25日頃 ワールドプレゼントからGpointに5000ポイント移行

毎月25日頃 GpointからLINEポイントに20000ポイント移行
毎月28日 LINEポイントからメトロポイントに20000ポイント移行

これで大丈夫。

・1ハピタスポイント→0.5ANAマイル
残りの1万ポイントを5,000ANAマイルに移行する場合のルーチンは以下


毎月8日   PeXからTポイントに10000ポイント移行

毎月15日頃 TポイントからANAマイルに移行

毎月ハピタスで3万ポイントを稼いで、毎月、このルーチンを繰り返せば、毎月21,200マイル、年間トータルで254,400マイルが獲得できます。

まとめて、ポイントを稼がなくても、毎月コンスタントに増量しているポイントを狙って3万ポイント稼ぐようにしておけば良いと思います。
そのうち、その月のオススメ案件をまとめて紹介するようにしようと思います。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyをご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー