//
you’re reading...

HOTELs

KLIAエキスプレス駅直結ヒルトンクアラルンプール

大抵の国では、空港を降りると迷わずUberのアプリを立ち上げて、ホテルまでのUberを呼ぶというのがスタンダードになってきたのですが、今回宿泊したヒルトンクアラルンプールは、クアラルンプール国際空港(KLIA)から出ているエアポートエキスプレスの市内側の終点駅クアラルンプールセントラル駅に直結しているということだったので、KLIAエキスプレスに乗ってみました。

マレーシアの観光局によると

KLIAエクスプレス(KLIA Ekspres) KL国際空港―KLセントラル間の57kmをノンストップ28分間で結ぶ電車。電車は混雑時15分間隔、通常時は20分間隔で運行し、片道RM55(往復RM100)。東南アジアで最速の時速160kmを99.7%の定時で運行しています。

とのことです。車だと、1時間くらいはかかるので、30分というのは早いです。
KILAエクスプレスのチケットは、預け手荷物のターンテーブルの脇に販売所があり、窓口でも、自販機でも購入できます。往復だと割引でRM100(3,000円弱)です。行きと帰り使えるカードです。

カードは帰りに使うと自動改札で回収されます。
乗り場は、ターミナルビルの地下です。KILAエキスプレスは、乗ってしまえば、KLセントラルまで止まりません。席は全席自由で、ファーストクラスなどはありません。30分なので、トイレもついていません。

KLセントラル駅に到着して、改札を出ると、Hiltonとメリディアンは、左に行けとの表示がありますが、右手のエスカレーターから上って行くほうが、スムーズに行けます。エスカレーターを上って、左に進んで行くと、Hiltonとメリディアンのロビー階に行くエレベーターがあるので、ロビー階までさらに上ります。ヒルトンとメリディアンは、隣り合っています。

おそらく、オーナーが同じで、2ブランドに運営を委託してるんでしょう。
エグゼクティブラウンジでのチェックインもできるはずですが、面倒なので、荷物をベルに渡して、フロントでチェックインします。チェックインの間に、ウェルカムドリンクが出てきます。チェックイン自体それほど時間がかかるわけでもなく、立ったままなので、なんとも不思議な感じです。


チェックインが完了すると、早速部屋へ。

今回の部屋の場合、入って左に水回り、奥が寝室ですが、風呂からベッドまでドアを開けると直結するようになっています。


ドアを開けるとこんな感じ。
嬉しいのは、シャワートイレ完備だというところです。これは、日本人には、ありがたい。
ダイヤル式というのが、見たことのない操作方法ですが、海外だと、高級ホテルでも未だに導入されていないホテルが多い中、これは評価に値します。

ウェルカムギフトは、ナッツでした。
アメニティは、いつもの。

 

エグゼクティブラウンジの説明によるとカクテルアワーは、18時から20時。


朝食は、ロビー階のフルビュッフェとラウンジの両方でいただけます。
ラウンジは、33階です。

中の様子は、こんな感じです。

朝食

カクテルタイム

ロビー階のフルビュッフェの朝食も食べてみました。マレーシア料理、中華、インド料理とかなり盛り沢山です。

選択肢が多く、珍しいメニューもあるのですが、結構混んでいてカオス感もあるので、普通に卵料理とパン、コーヒーの洋風の朝食で良いという方は、ラウンジの朝食のほうが落ち着いて食べられると思います。

あとは、プールです。
プールは、8階にあります。

朝食の後、しばらくプールで過ごしました。なんと、隣のメリディアンと物理的にプール自体がつながっていました。プールサイドチェアのマットレスの色が途中から変わり、そこからがメリディアンのようです。メンテナンス考えると、おそらく、効率的なのでしょう。

円安ではありますが、相変わらず、KLのホテルは安いです。1泊15,000円くらいでこのクオリティは、かなり割安です。

KLの繁華街Bukit Bintanまでは、3キロ位の距離ですが、渋滞もあり、車だと遠回りが必要なので、印象としては、少し離れている感じです。KLセントラル駅から、モノレールが出ていますが、混んでいたり、遅れたりするので、多少渋滞しても、車で移動するほうが楽だと思います。空港からのアクセスは抜群なので、経由便でのストップオーバーなどで短期滞在する際には、おすすめです。

結局、Bukit Bintanとの間を往復することになるので、街歩きをするなら、コストは少し上がりますがKLの場合そもそもホテルは割安なので、他の都市ほど変わらないので、Bikit BintanのウェスティンやJWマリオット、リッツ・カールトンあたりのほうが便利かもしれません。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー