//
you’re reading...

クレジットカード

アメックスビジネスゴールドを初年度年会費無料で作って40,000ボーナスポイント=ANA東南アジアビジネスクラス往復をもらう

初年度年会費無料+4万ボーナスポイントは、終了して、現在は、初年度年会費が無料でない代わりに、最大11万ボーナスポイントになっています。

  • ご入会特典1:ご入会後3ヶ月以内に、20万円以上のご利用で 、20,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会特典2:ご入会後3ヶ月以内に、50万円以上のご利用で 、30,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会特典3:ご入会後3ヶ月以内に、合計100万円のご利用達成で 30,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会特典4:ご入会後1年以内に、合計200万円のご利用達成で 30,000ボーナスポイントプレゼント

 

 

アメックスのポイント大判振る舞いが加速しているようです。プラチナがインビテーションだけではなくなったのに続いて、今度は、アメックスビジネスゴールドがボーナスポイント最大4万ポイントで登場。しかも、初年度年会費が、追加カードも含めて無料です。


1.初年度年会費無料(基本カード・追加カードともに)
2.入会3ヶ月以内に合計10万円使うだけで、ボーナスで1万ポイント
3.入会1年以内に合計200万円使うだけで、ボーナスでさらに3万ポイント

アメックスでは、グレードが異なっていても、同一種別のカードを複数枚持つことはできません。
例えば、通常の個人用のAMEXは、ゴールドとプラチナを発行することはできず、どちらかに切り替えることになります。種別は、個人用プロパーカード、ビジネスカード、ANAアメックス、SPGアメックス、デルタアメックスと別れているので、例えば、個人用のプラチナとビジネスゴールドを同時に発行することは可能です。
ビジネスゴールドカードは、個人事業主向けとなっていますが、サラリーマンでも、ビジネスゴールドカードは発行できます。

 

年間で200万円使うと、通常ポイントで2万ポイントはもらえるので、ボーナスポイントの4万ポイントと合わせて6万ポイント。
さて、この6万ポイントで何ができるか?当然、マイルに移行して特典航空券です。

プラチナカードだと、自動付帯ですが、残念ながら、ビジネス・ゴールド・カードは、メンバーシップ・リワードプラスがついていないので、年会費3,000円+消費税のメンバーシップ・リワードプラスに入会しましょう。

メンバーシップ・リワードプラスに入ると、ANAのマイルへの移行レートは、1ポイント=1マイルなので、6万ポイント=6万マイル。

ANAの6万マイルだと、ビジネスクラスでZone4を往復可能です。

【Zone4】シンガポール、バンコク、ホーチミン、ヤンゴン、ジャカルタ、ムンバイ、デリー、ハノイ、クアラルンプール、プノンペン(ビジネス)

この中のお得度でいうとインドですかね?

JAL派の方はというと、JALとアメックスは、提携を解消しているので、BritishAirways(BA)に移行します。メンバーシップ・リワードプラスに入ると、BAは、1,250アメックスポイント=1,000Avios(BAのマイル)なので、6万ポイント=48,000Avios。
BAでは、4,500Aviosで、650マイル未満のJALの国内線の片道特典航空券が発券できます。

東京からだと、沖縄以外、離島を除けば、どこでも行けます。福岡も、北海道もOK。往復で9,000Avios。JALで国内線5往復して、3,000Avios余ります。ただし、普通席ですが。
国際線ビジネスクラスだと、JALでもキャセイパシフィックでも、東京ー台北往復が4万Avios。東京ー香港も、JALのマニラ便も大丈夫です。8,000Avios余ります

申し込みは下記のtwitterのリンクから。


初年度年会費無料で、200万円の決済をこのカードに寄せるだけなので、お手軽です。3,000円のメンバーシップ・リワードプラスの会費はかかりますが、実質それだけです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー