HHoners

まずは、HiltonのFSP、Hilton HonersのGOLD会員の特典と取得方法のご紹介です。

【入会方法】
こちらから。無料です。

【平民(ブルー)の特典】
いくつかありますが、使えそうなものは、レイト・チェックアウト

【上級会員ランク】
ブルー→シルバー→ゴールド→ダイアモンド

【ゴールド会員取得条件】
暦年間に、対象料金で16滞在または36泊もしくは、60,000ベースポイント

【ゴールド会員特典】
・空室状況に基づくプリファードルームへのアップグレード(エグゼクティブフロア含む)
・2名まで無料のコンチネンタルブレックファスト
・25%のボーナスポイント
・ご滞在中、ヘルスクラブが無料
・より少ないポイントで無料宿泊

 【裏ワザ入会方法 提携クレジットカードを作る 年会費7,560円】

一泊もしなくても、ゴールド資格を取得できる方法があります。

三井住友カードとヒルトンの提携カードで「ヒルトンオナーズVISAゴールドカード」とクレジットカードがあります。このカードに入会すると、会員である限り、ヒルトンオナーズのゴールドVIP会員資格が付与されるようです。

詳細こちら

年会費は、14,040円。(普通のシルバーを作っても、シルバーVIPなので、全く意味がありませんので、ご注意)

【年会費を安くする】

そこで年会費を7,560円にする方法。

マイペースリボというこのカードでの買い物を全てリボ払いにするという悪魔のようなオプションをONにすると、年会費が8,640円になります。次年度以降は、年間1回以上のカード利用があれば、8,640円になるとのことです。カード会社に高金利を払うのは、良くないので、マイペースリボの金額を限度額(限度額が100万円なら、100万円)に引き上げておきましょう。これで、使用した分全額が、一括払いになります。支払い残高が、限度額を超えることはないので、理論上、リボルビング払いになることはありません。

さらに、明細をWEB明細にして、年間6回以上の請求書発行があった場合には、さらに1,080円割引で年会費は7,560円になります。

アメックスプラチナ所有者にも自動付帯
AMEXのプラチナカードにも、Hilton HonorsのGOLD VIPが自動付帯します。

2017.11.19追記
ここからアメックスプラチナの発行申し込みができるようになりました。

2018.6.20
AMEXからの警告状が来て、AMEX PLATINUMの紹介リンクの掲載ができなくなりました。

このためだけに、アメックス・プラチナを作るのは、おすすめしませんが、他のベネフィットも含めて欲しい方は、6万ポイントがもらえる間に作っておくのが良いと思います。

【 GEEKTRAVELLERSのコメント】

2014年12月までは、VISA INFINITEカードの所有者に向けて、HオナーズのGOLD VIPステイタスが無償付与されており、つい最近までは、カードの頭の数桁をオンラインで入力するだけで申し込みができると話題だったのですが、殺到したせいか、現在は、VISA INFINITEのコンシェルジュデスク経由になってしまいました。VISA INFINITEカードを作成するしかありません。

VISA INFINITE
https://www.visainfinitecard.com/en/possibilities/programs/hh.jsp

ただ、こういう、ステイタスクレジットカード向けの上級会員ステイタスの付与というキャンペーンは、頻繁に行われているので、これからウォッチを続ければ、見つかるかもしれません。

僕の経験でいうと、HオナーズのGOLD VIPは、海外の方が優遇される傾向が強いような気がします。今年は、ヒルトンブランドに、海外の2カ国で宿泊していますが、どちらも、朝食なしの普通の部屋を予約して、エグゼクティブフロアにアップグレードされました。国内では、沖縄のダブルツリーにも、3回ほど宿泊したのですが、こちらは、エグゼクティブフロアがないため、ウェルカムドリンクと部屋のアップグレード(といっても、大した差はありませんが)、あとは朝食のビュッフェが毎回、無料でついてきていますので、朝食代だけでも、毎年何泊かヒルトンに泊まる人であれば、8,000円くらいの年会費の元は十分に取れると思います。


プッシュ通知を