//
you’re reading...

AIRLINES

ANAビジネスクラスで行くロサンゼルス

ここのところ、大抵JALかワンワールド加盟航空会社ばかりなのですが、今回のLAは、ANAのマイルがたくさん余っていたので、ANAのビジネスクラスの特典航空券で行きます。

ANAのLAX便は、羽田発と成田発がありますが、羽田発便は、行きは22時台に日本を出て、LAに17時台着と使いづらいので、17時成田発同日11時LAX着の成田便です。ANAは、2017年秋から、成田発着を1便増やして、TYO/LAXを1日3便体制にするようです。アジア客の乗り継ぎ需要を取り込む狙いのようですが、お陰様で、特典はますます取りやすくなりそうです。

さて、成田空港、久しぶりに来た感じがします。先日の台北からの帰国ぶりなので約1ヶ月ぶりかと思いきや、ANAなので、第1ターミナル。それでいうと、昨年の9月のバンコク以来なので10ヶ月ぶり。

Zゲートから楽々、チェックイン。

すいません、嘘です。
ANAは、ただのSFC会員(平民に限りなく近いかろうじて上級会員)なので、ビジネスクラス搭乗では、Zは使えません。Zを使うために、JALを維持しながら、ANAもダイヤを目指すよりは、素直にマイルを使って、ファーストクラスに乗るほうが早そうです。


こちらも、ガラガラでした。
今回のゲートは、52番なので、第5サテライトのANAラウンジ(SUITEじゃない方です)が一番近いですが、試しに行ってみたら、激混み。


時間もあるので、Unitedのラウンジに移動して、過ごすことにします。

Unitedのラウンジは、空いてはいませんでしたが、開放感があります。食事は、ANAもUnitedも期待はできません。
ワンワールドだと、ビジネスクラス搭乗でも、JALのダイヤ/JGPなら、エメラルドなので、ファーストクラスラウンジに入れますが、スタアラは、ゴールドまでしかないので、ビジネスクラス搭乗だと、例え、ANAのダイヤをとっても、スタアラのラウンジは、原則ビジネスクラス止まりなので、ANAのダイヤを目指す気があまりおきないんですよね。

ユナイテッドのラウンジの模様は、こちらの記事を参照ください。

さて、搭乗です。

LAX便は、B777-300ERのビジネススタッガードシートです。昨年のロンドン・フランクフルトも個人的に、このシート、足元も広いし、テーブル位置も含め、結構好みです。
もちろん、フルフラット。
敷布団もあります。掛け布団は、足のところが袋になっているので、寝返りを打っても、掛け布団が落ちにくいようになっています。西から東に移動するときには、現地朝着の便を選択して、飛行機の中でできるだけ寝るようにすると、目が冷めたら、朝なので、時差ボケになりづらいです。

マニュアルの写真を撮ったので、アップしておきます。最近のシートは、機能が多いので、一通り読むようにしています。

あとは、機内食です。行き帰りをまとめて。

あとは、追加メニュー。ANAの長距離便では、一風堂のラーメンがあります。普段、ラーメンは食べないのですが、どうも飛行機の上だと、食べてみたくなります。行きは、空の上のトンコツ「そらとん」、帰りは、コク極まる味噌「大地」

アメニティは、ニールズヤードレメディーズ。

前は、ニールズヤードレメディーズの白いポーチでしたが、今回は、行き帰りともに薄紫でした。
食事は、JALの長距離のほうが美味しいと個人的には思います。

やはり、カーテンの向こう側に行きたいです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

スポンサードリンク



Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー