//
you’re reading...

割安航空券

弾丸週末海外で行くJALビジネスクラス・バンコクのススメ

世間では、プレミアムフライデーが空振りに終わっているもようですが、プレミアムかプレミアムでないか別にして、アジアであれば、普通の週末に行って帰ってきて、十分に楽しめます。

特にバンコクは、羽田発の時間の組み合わせがよいので、一般的なウィークデーに仕事をされている方でも、ウィークデーに休みを取ることなく、羽田発着で十分に堪能可能なスケジュールが組めます。

スケジュールとしては、
土曜日  0:40 羽田発    土曜日 5:00 バンコク着
日曜日   22:40 バンコク発  月曜日 6:00 羽田着

現地一泊の弾丸ですが、土曜日は、丸一日、日曜日も軽く夕食くらいまでは、食べられるので、現地滞在時間は、41時間40分と、概ねまる2日楽しめます。

金曜、仕事が終わってから、羽田に向かい、月曜の朝6時に羽田着で、一旦帰宅してから、仕事に行くパターンで、ウィークデーの仕事に影響を与えません。しかも、往復の深夜便は、SKY SUITE III。


テーブルの設置位置がイマイチで、シートの幅が狭いとも言われておりますが、フルフラットの最新型なので、ぐっすり眠って移動可能です。ちなみに、エコだと、この弾丸は苦行になるので、ビジネスクラスを選択することを強くおすすめします。

今回のチケットは、行きは、アラスカ航空でもともとソウル発券したGMP/HND/BKKの片道ビジネスクラス。

最終的には、GMP/HNDを捨てて、HND/BKKのみとなったものです。

帰りは、バンコク発券の爆安羽田ストップオーバーソウル往復のアップグレード可能チケットで、BKK/HND/GMP/HND/BKKの全区間ビジネスクラスでたったの12万円。

です。

の予定だったのですが、実は少し前にJALからこんなお知らせが。
要は、深夜羽田発のJL33便が、11月末までシェルフラット。12月以降もシェルフラットネオに変更とのこと。深夜便こそ、フルフラットじゃないの?と思いますが、なぜか、機材変更。ちなみに、羽田11時発バンコク16時着のJL31便は、そのままSS2設定です。11時発の便なら、アジア便なら時差もほとんどないので、ぐっすり寝る必要もないと思うんで、むしろシェルフラットでいい気がするのですが・・・。

さて、といいつつも、気を取り直して、金曜の夜、21時ごろ、UBERで羽田へ向かいます。(写真がブレブレですね)


何度もご紹介してますが、Uberの羽田往復は、初回は30%オフですので、例えば、港区-羽田だと4,270円で乗れます。紹介コードの割引は、2,000円から1,500円に変更されましたが、まだ、使ったことがない方は、下記記事を参照ください。

チェックインしてJALファーストラウンジへ。
機内は寝る予定なので、食事はラウンジで取ります。この時間は、上ミスジ カットステーキがある時間です。

一応、マッサージを受けて、適度にお酒を飲んで、就寝準備を行います。
搭乗ゲートはラウンジの向かい。機材変更で、シャルフラットシートになったため、アブレストは、2−3−2。寝る前提なので、真ん中の通路側に座席変更をして、真ん中の席をブロックしていただきました。


ソウル便で最近良く乗っているシェルフラットネオではなくて、ひとつ古いシェルフラットです。昔は、これで、ヨーロッパに行っていたのだからと、自分に言い聞かせます。

ヘッドフォンは、SONY製のノイズキャンセリングにアップグレードされていました。

とにかく、寝ておきたいので、機内食はパスして、バンコクまで熟睡します。

意外にも、シェルフラットシートでもぐっすり眠れました。朝5時にバンコク到着です。いつも激混み で有名なバンコクスワンナプーム空港ですが、プライオリティレーンはガラガラで、順調に外にでます。Uberを呼んで、ホテルに向かいます。

今回の宿泊は、ヒルトン・スクンヴィット・バンコクです。朝6時のチェックインなので、アーリーチェックインができなければ、荷物だけ預けて、プールサイドでしばらく過ごそうと思っていたのですが、難なく、チェックインさせていただけました。部屋もアップグレード。レイトチェックアウトをお願いして、6時チェックイン〜翌日16時チェックアウトで34時間滞在。


ウェルカムギフトは、マカロンと、ホテル内のオブジェのミニチュアをいただきました。

機内食をパスしていたので、ラウンジで朝食をいただきました。結果、2日間、朝食をいただくことに。
このホテルのラウンジは、結構充実していて、コンラッド・バンコクより、個人的には気に入っています。

 


まだ、朝食を食べても、まだ、お店が開いている時間ではないので最上階にあるプールで過ごします。

ここからは、バンコクで丸2日近く過ごし、翌日夜に、再び、Uberで空港へ。
(バンコクの空港ラウンジについては、別記事で。)

帰りは、予定通りSKY SUITE III(SS2)です。

ぐっすり眠って、朝6時に羽田着。再びUberで帰宅。
なかなか、ウィークデーの休みが取れない方でも、バンコクであれば、週末だけで十分堪能できるので、オススメです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー