//
you’re reading...

航空会社&FFP

タイ国際航空A380ビジネスクラス(BKK/NRT)

バンコクからの帰国は、エアバスA380-800のビジネスクラス搭乗です。SPA Loungeでマッサージを受け、お茶を断って、コンコースEのゲートへと向かいます。

A380
オール2階建てのA380。ボーディングブリッジが2階にも直結しています。タイ国際航空のA380は、ファーストクラス、ビジネスクラスはすべて2階席。2階席後方と1階席はすべてエコノミークラスのシートです。

A380ボーディングパス
定刻を少し遅れて搭乗を開始します。
ビジネスクラスのアブレストは、1-2-1。窓際の席を選択しました。

A380ビジネスクラス

中に入ると当たり前ですが、普通です。タイ国際航空では最新のフルフラットシートが交互に並びます。
ビジネスクラス
窓際にある蓋付きの物入れが非常に便利です。パーソナルスペースとしては、なかなか広めです。

フットレストに見えるのが、機内用スリッパとアメニティ。バンコク便だと日系の航空会社ではアメニティはでませんが、タイ国際航空ではアメニティが用意されています。

アメニティ
早速、ウェルカムドリンクをいただいて、離陸を待ちます。

ウェルカムドリンク
離陸をして、しばらくすると食事です。
ラウンジで、食べるものがあまりなかったので、朝食です。

メニュー
松花堂弁当という字面に惹かれて、思わず和食を選んでしまいました。
ここは、本来タイ料理を頼むべきです。

松花堂弁当
案の定でした。定石を破って、日本食を頼んだのは失敗だったようです。
見た目は結構いい感じなんですけどね。

さて、このA380には、機内WiFiが設置されています。こちらも残念ながら、OnAir社。
容量の上限型なので、使い勝手が悪いです。WiFiは、容量制限なしの時間制にしてもらいたいです。
WiFi trial
無料トライアルのクーポンをもらったので、試しましたが、案の定、5MBは瞬殺でした。何のせいで5MBを超えたのか把握する前に、容量制限を超えました。

A380は、総2階建てです。2階席にいても、ボーディングブリッジから直接入ってしまっているので、2階建てを感じません。これはやはり、機内の階段だろうと。飛行機の中を階段で移動するというのは、なんとも非日常感があるものです。早速、クルーの方に、1階へ繋がる階段を見たいと伝えると、後方にあるとのことでした。
後方に階段はありましたが、通行止めのロープが貼られて、使用はできませんでした。残念。
階段

先程の食事を残してしまったせいで、小腹が減っていたので、追加で食事をお願いしました。

オールデーダイニング

鴨そばとChangビールを頼みました。

鴨そば

食べ終わったあたりで、フライトマップを見てみると、日本の領空に入っていました。
flight map
偏西風に乗っているので、2時間くらいで成田に到着です。

今回は、ビジネスクラスだったので、機内に入ってしまえば、フルフラットの最近では普通のビジネスクラスでしたが、A380といえば、デッドスペースを使ったラウンジです。次は、ぜひ、ファーストクラスに搭乗して、機内のラウンジを体験してA380を堪能したいものです。となると、エティハドのアブダビ/ムンバイ、エミレーツのバンコク/香港、カタールのドーハ/バンコクあたりのファーストクラスが狙い目ですかね。気が向いたら、A380のファーストクラスに安く乗る方法でもまとめてみたいと思います。

ちなみに、タイ航空は9月10月発着便は成田/バンコクのセール中。A380ビジネスクラス。往復155,000円。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

初年度年会費無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド当サイト限定初年度年会費無料

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー