//
you’re reading...

AIRLINES

トロントから米国への乗換とエアカナダメープルリーフラウンジ@トロント空港

羽田からトロント経由でニューヨークへというルートを取る方はあまりいらっしゃらないのでしょうか?
僕も、意図せずしてトロント経由なわけですが、カナダから米国って、他の国際線と扱いが異なるので、少し注意が必要ですよね。あまり情報がないので、まとめておきます。

カナダから米国へのフライトは、なぜか知りませんが、カナダで米国の入国審査を行うみたいです。(それほど回数があるわけではないのですが、少ない経験上)

トロントに到着したら、GATE Fを目指しましょう。米国便への乗り継ぎ専用のゲートです。
F GATE
ここから、写真禁止なので、写真はないです。
次の便のボーディングパスとパスポートを提示すると、預けてた荷物はいくつか聞かれました。僕らの場合はスーツケース3つなので、3つと答えると、タッチパネルで承認して、次の部屋へ進みます。次の部屋では、電光掲示板に、自分の名前が表示されるまで待てと言われます。電光掲示に便名と自分の名前の頭3文字のアルファベットが表示されたら、次へ進みます。各航空会社のカウンターらしきものが並んでますが、どうやら、我々には関係なさそうです。例えば、GEEK TAROだったら、GEE.Tと表示されます。

係員のところに行くと、係員から、進むべき列を指示されるので、進みます。
次は、入国審査です。有人です。

いつもどおり、滞在は何日だとか、目的だとかを一通り聞かれて、指紋を取ります。
僕は片手で終わりでしたが、人によっては、右左の4本、親指全部取られたりします。理由は不明です。

以上で、事実上、米国入国です。
入国すると次は、ラウンジです。
エアカナダなので、メープルリーフラウンジというラウンジです。米国便は、2クラスだと思うので、ラウンジは一つだと思います。

lounge
loungeちょっと暗くて、ガラーンとしてます。
食事はあんまりなくて、生ビールが、ローカル含め数種類。あとは、多少お酒が。
エアカナダのハブのはずなんですけどね。

 

ちょっと変わったところでは、ソニールームってのがあって、シアター風のソファーが配置してあって、大きめのテレビ(65インチくらい)が置いてある部屋がありました。

SONY ROOM

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

スポンサードリンク



feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー