//
you’re reading...

割安航空券

CXのビジネスで行く週末バンコクその1

最近、キャセイパシフィック航空のラウンジの改装ラッシュのようです。昨年、バンコクスクンビット空港のキャセイラウンジがリニューアルして、いい感じに、そして、もともとThe Wingがもっともいい感じだった香港のキャセイのファーストクラスラウンジですが、The Pierのファーストクラスラウンジも、ちょっと前にリニューアルオープンして、すごいことになっていると小耳にはさみました。

バンコクは、今がベストシーズン。ということで、『コンラッドバンコク指定、キャセイ・パシフィックビジネスクラスで行くラウンジをめぐるバンコク』です。(そういうツアー名のツアーに申し込んだわけではありません。)

最近、東南アジアに向かうときには、お気に入りのCXのブッキングクラスIです。当サイトでもうるさいほどご紹介しているので(広告宣伝費もらいたいくらいです)皆さんご存知(?)のアレです。複数の旅行代理店で取り扱いされているのですが、ホテルとセットになると爆安で取れるビジネスクラスのパッケージツアーです。パッケージツアーなので、一旦、空港の団体受付カウンターに寄る必要はありますが、イーチケットですし、エメラルド会員であれば、いつもどおり、ファーストクラスカウンターチェックイン、ファーストクラスプライオリティバゲッジ、ファーストクラスラウンジが使えます。

空港からホテルの送迎があるのも、かなり新鮮です。帰国時には、早めに空港に送られられます。ラウンジが充実している目的地であれば、それも好都合ではあります。

ツアー内容
航空会社:キャセイパシフィック航空
搭乗クラス:ビジネスクラス ブッキングクラスI
旅程:NRT/HKG/BKK
宿泊:コンラッドバンコク(1室1名朝食付き2泊)
その他:空港送迎あり
総額:15万円

旅行会社が販売していたプランは、朝一成田発の香港トランジットで夜バンコク、帰りは、夕方バンコク発、香港トランジットで深夜香港発の早朝成田着というスケジュールでしたが、行きの香港トランジットが長すぎるのと、できれば、長距離機材のフルフラットに乗りたいということから、行きの便を遅らせて長距離機材にし、行きの香港トランジット1時間に変更。結果、NRT/HKGとBKK/HKGが長距離機材のフルフラットになりました。それ以外は、新し目のリージョナルです。香港発早朝成田着便をできれば、フルフラットにして欲しいのですが、格安ビジネスなので、文句は言えません。コンラッド一人部屋2泊に空港送迎、CXビジネスクラス往復でコミコミ15万円って、週末に那覇をファーストで往復すると10万円、ホテル2泊で4万円くらいだと考えると、爆安すぎです。なくならないことを心より望みます。出張とかじゃなくて、週末のプライベート旅行には、ワンワールド派には、このルート心からおすすめです。スタアラ派の方は、他の選択肢がありますけど、東南アジア着のビジネスはCP考えるとCXがベストだと思います。

フライト時間の都合で今回も成田発です。
ということで、いつもの風景。

JAL LOUNGE
便を変更したので、無事、Airbus A330-300 (33G)の長距離用のフルフラットシート。
CX
盛りだくさんの機内食をいただいて無事、香港。
CX
香港は、乗り換え時間が60分というかなりタイトなスケジュールですが、香港の乗り換えはスムーズなので余裕です。

行きは香港でラウンジに行く予定はありませんでしたが、乗り換え先のゲートの近くにThe Cabinがあったので、少しだけ寄りました。

th_IMG_4650 th_IMG_4651

香港からバンコクまでは、2−2−2アブレストのAirbus A330-300 (33Z) New Regional。
33Z

寝るにはふさわしくありませんが、機材は新しく、映画を見て過ごすには、調度よいです。機材は新しいです。成田のJALファーストラウンジ、香港までの機内と食べ続けだったので、この飛行機では何も食べないつもりだったのですが、メニューにカレーを見つけてしまったので、

curry

こいつは不可抗力ですね。
お腹いっぱいのまま、バンコクスワンナプーム空港に到着。

BKK
しかし、韓国語が多いです。迎えの車が見当たらず、痺れを切らしてタクシーでホテルに向かいそうでしたが、なんとか我慢して、ホテルへ送迎車で向かうことになりました。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

当サイト限定初年度年会費無料   3万ポイント(マイル相当)獲得

アメリカン・エキスプレス・ゴールド当サイト限定初年度年会費無料&1万ポイント獲得

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー