//
you’re reading...

航空会社&FFP

(期間限定)実質、初年度年会費無料でダイナースカードを作成して、ANAビジネスクラス往復チケット、もしくは、実質3万円でANAビジネスでハワイ往復を手に入れる裏ワザ

diners

すごいタイトルになっちゃいましたが、簡単にいうとポイントバックサイトで、ダイナースクラブのキャンペーンに乗っかってダイナースクラブカードを作成すると、年会費が現金で戻ってきて、ビジネスクラスでソウル往復ができちゃうくらいのマイルが手に入っちゃうというものです。

以前、書いた、年会費が毎年無料のCITIBANKダイナースカードではなくて、普通のダイナースカードの「今、入会して3ヶ月以内にいくら決済すると◯万ポイント差し上げます」というキャンペーンは、よくやっているのですが、年会費22,000円(税別)がネックでしたが、ポイントバックサイトでキャンペーン(たぶん期間限定)をやっているので、そこ経由で作成することで、年会費分以上のポイントが獲得できるので、そのポイントを現金に交換すれば、実質年会費は無料になっちゃうというのが今回の記事です。
(この記事の右側の広告にダイナースが表示されることがありますが、そこから申し込んでも、年会費は普通に取られれますのでご注意)
今回、利用するキャンペーンは、
ハピタスのダイナースカード発行で45,000ハピタスポイント

とダイナースの2015年7月31日までのこれ
入会後3ヶ月以内に20万円ショッピング利用で20,000ポイントプレゼント

の2つを組み合わせます。
簡単な流れ

ハピタス経由で、ダイナースカードを作り、3ヶ月以内に20万円ショッピング決済(トータルなので、この期間のカード決済をダイナースに寄せるだけです)をするとハピタスのポイントが45,000ポイント、ダイナースのポイントが20,000ポイントが手に入ります。

ハピタスのポイントは、1ポイント1円の現金に替えられるので、ダイナースの初年度年会費(税込み23,760円)相当のポイントを現金(端数が面倒なので240,00円)に替えれば、実質無料になります。

手元に残ったのは、ハピタスの21,000ポイントとダイナースの20,000ポイントです。
ダイナースのポイントは、1ポイント=1マイルでANAのマイルに移行できます。

ハピタスのポイントは、ソラチカカードを経由すると1ポイントが0.9マイルの変換率でANAマイルに移行できます。

ハピタス21,000ポイント→PeX210,000ポイント→メトロ20,900ポイント→ANA18,810マイル

ということで、最終的には、ANAのマイルに38,000マイルが貯まります。
東京−ソウルのビジネスクラス往復なら、ハイシーズンでも33,000マイル、東京−香港、台北などアジア1Zone3であれば、ローシーズンのビジネスクラス往復が35,000マイルです。

ダイナースのポイントから、マイルへの移行には、別途ダイナース グローバルマイレージの年会費6,480円(税込)がかかるので、その分もハピタスのポイントの現金化して割り当てても、ローシーズンの韓国ビジネスクラス往復なら、25,000マイルなので、範囲内です。

逆に、ハピタスポイントを現金化するのは、非効率だという考え方もあります。
1ポイント=1円=0.9ANAマイルであれば、1ANAマイルが実質1.11円となるので、かなりお得です。

45,000ポイントは、ANAマイル40,410マイルになるので、ダイナース分と合わせると60,000マイルオーバーとなり、ローシーズンなら、東京−ハワイのビジネスクラスの往復が、実質ダイナースの会費+ダイナース グローバルマイレージ=3万円程度で手に入ると考えれば、かなりお得です。

詳しくは、こちらを↓
(過去記事)最強の「ハピタス+ソラチカカード」で、ANAのファーストクラス分12万マイルを1ヶ月で稼ぐ方法を考えた

ちなみに、ちなみに、ソラチカカードは、初年度無料で、入会するだけでANA2,000マイル相当のマイルが入ります。ハピタスからのポイント移行は、月間3万ポイントが上限、メトロからANAは、月間20,000ポイントが上限なので、すべての移行には、半年くらいかかることを考えなければいけませんが、そもそも、ダイナースのポイント付与が2016年1月なので、ゆっくり構えて、来年の旅行のための貯金とでも考えたほうが良いでしょう。
いずれにしても、かなりお得なキャンペーンだと思います。

 

具体的手順

1)ハピタスに入会します。

すでにアカウントを持っている人は、2)へ。

まだ、ハピタスに入会したことがない方は、

こちらから入会するととりあえず30ポイントもらえます。
さらに2015年7月30日(木)11:59までの期間限定ですが、Amazonのギフト券500円分がもらえます、

ハピタスに入会します。

リンク先の「今スグ会員登録!」という画像をクリックして、フォームに必要事項を入力します。

必須項目は、
・ニックネーム(本名でなくてもOK)
・メールアドレス
・性別
・生年月日
・職業
・都道府県
・メールマガジンの購読確認(受信しなくてもよいです)

入力が完了したら、「「個人情報の取り扱いについて」と「ハピタス利用規約」に同意する」の横のチェックボックスをチェックして、「同意して確認画面へ」をクリック。
確認画面で入力内容を確認して、問題があれば戻って修正、問題なければ、「送信」ボタンをクリック。

すると、先ほど登録したメールアドレスに本登録用の確認メールが届きます。

メールの中に

▼下記のURLより、会員登録を完了させてください。
https://hapitas.jp/register・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というようなところがあるので、このhttpsから続くところをクリックすると会員登録完了です。(うまくいかない時は、このhttpsからの一文をコピーして、ブラウザにコピペしてアクセスしてください)

以上で、ハピタスへの登録は完了です。

2015年7月30日(木)11:59までに
ハピタスへの登録完了直後にお届けするメール内「ハピタスお客様アンケート」アンケートにご回答いただき、その方がハピタスを初回利用すると。Amazonギフト券500円券を差し上げます!

とのことなので、登録完了後アンケートに答えておくと、ダイナースの申し込みが完了後、10月中旬までにAmazonのギフトコード500円分がメールでもらえるようです。

 

2)ハピタスの経由でダイナースカードを新規で申し込みます。(過去にダイナースを作ったことがある人は対象外です)

検索窓に「Diners」と入れて検索するか、ログインした状態でこちらへ。

ハピタス

新規カード発行で45,000ptとなっていることを必ず確認してください。期間限定キャンペーンで、早期終了する可能性があるので。
ポイントを貯めるボタンをクリックして、ダイナースを申し込みます。

ダイナース

3)ダイナースカードが届いたら、3ヶ月以内に20万円を使うだけで、もれなく、ダイナースのポイントが20,000ポイントもらえます。(50万円以上使うと20名に追加で8万ポイントが「当たる」とありますが、抽選なので無視)

ポイント付与時期は
【20,000ポイントプレゼントに関する注意事項】

  • ・2015年7月31日までに本サイトからお申し込みいただき、2015年8月31日までにご入会になった方を対象とします(カードがお手元に届きましたらカード台紙に記載がありますのでご確認ください)。
  • ・ご入会後、3ヵ月以内に20万円以上ショッピングでカードをご利用いただくことが、20,000ポイントプレゼントの条件となります。
  • ・下記カードご利用伝票到着分がキャンペーンの対象となります。
  •   2015年6月入会者→2015年9月30日まで利用伝票到着分対象
  •   2015年7月入会者→2015年10月31日まで利用伝票到着分対象
  •   2015年8月入会者→2015年11月30日まで利用伝票到着分対象
  • ・2016年1月下旬以降にお届けするご利用代金明細で特典のポイントを付与します。

ダイナースのポイントは、期限なし、ANA,アメリカン、アリタリア、大韓航空、デルタ、ユナイテッドに1ポイント=1マイルで移行可能です。移行には、年会費6,000円(税別)が別途かかるので、移行タイミングはよく考えてやりましょう。

 

4)カード発行から1ヶ月程度でハピタスのポイントが45,000ポイントが付与されます。

ハピタスのポイントは、1ポイント=1円で、手数料無料で現金化して、自分のゆうちょ銀行口座に振り込めるので、ハピタスの「ポイント交換」で手続きすれば、現金が振り込まれます。

※ハピタスのポイント移行は一ヶ月あたり3万ポイントまでの上限があるので、45,000ポイント移行するには、2ヶ月に渡ってやる必要があります。

 

5)ハピタスからANAマイルへの移行の下準備その1

ハピタスからANAマイルへ移行するには、通常だと
ポイ探
こういうルートをたどり、10,000ポイントが5400マイルまで目減りしてしまいますが、初年度無料のANA ToMe CARD PASMOカード通称ソラチカカードを持っていると、ルートは一緒ですが、東京メトロ1ポイントが、ANAマイル0.9マイルに移行できるようになります。

こちらの記事のように過去にソラチカカードを作成して、「ハピタス→PeX→メトロポイント→ANAマイル」にというワザはご紹介していますが、ここで、もう一度、おさらいします。

(過去記事)最強の「ハピタス+ソラチカカード」で、ANAのファーストクラス分12万マイルを1ヶ月で稼ぐ方法を考えた

まず、ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を申し込みます。

(すでにソラチカカードをお持ちの方は、飛ばしてください。6へ)

※ANA JCBカードは、複数枚持てないので、ご注意ください。

こちらから申し込み

をすると、初年度の年会費が無料になり、しかも、入会時に2,000マイルがもれなくもらえます。(キャンペーンは期間限定だと思うので、通常は入会マイルは1,000マイルです)

「ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)はこちら」をクリックして、申し込みをスタート。

ここからの流れは、以下のようになります。

手続き

以下の銀行を引き落とし口座にする場合には、オンラインで申し込みが完了します。
(インターネットバンキングのアカウントが分かる場合のみ)
・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・千葉銀行・広島銀行・福岡銀行・静岡銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・セブン銀行

 

「同意のうえ、入力へ進む」を押して、入力へ。

コース

ポイントコースは、10マイルだと年間2000円かかります。今回のボーナスの6,000マイル相当のポイントは、関係無く交換できるので、メインでこのカードを使用するのでなければ、マルチポイントコース(5マイル)にしておいて、あとで、ポイントが蛸さんたまった時に、必要であれば10マイルコースに入ることもできます。

手続きが完了したら、カードの到着を待ちましょう。
無事、審査が完了したら、キャンペーンに参加登録をしないと、ボーナスポイントがもらえません。

もう一度、「こちらのページ」へアクセスします。
下の方にある、「JCBキャンペーン参加登録はこちら」をクリック。

MyJCB IDか、JCBカード番号で登録をしてください。

その後、下記の条件を満たすと、それぞれにポイントがボーナスで発生します。

このカードを発行するだけで、2,000マイル(通常は1,000マイル)はもれなくもらえます。


6)ハピタスからANAマイルへの移行の下準備その2
次に、Pexに登録

気が早いですが、PeXの会員登録もしておきましょう。

こちらから、トップページにアクセス

右上の「会員登録」をクリックして、メールアドレスを入力して、画像認証ようの文字を入力、規約への同意をして、「仮登録メールを送信」ボタンをクリック。

入力したメールアドレスに、登録用のアドレスが届くので、そこをクリックして、会員登録を進めて本登録してください。

7)ハピタスからANAマイルへの移行

ハピタスの上部にあるポイント交換メニューを選んで、PeXを選択します。
ハピタス交換申し込みを押して、交換したいポイント数を入力して、申し込みます。
1ヶ月に交換できるポイント上限は3万ポイントです。ハピタス→PeXの手数料は無料なので、

ハピタス30,000ポイント=PeX300,000ポイントになります。
(PeX1ポイント=0.1円なので同価値です)

概ね3営業日後に交換は完了し、ハピタスからPeXへのポイント交換が完了したというメールが届きます。

次は、Pexにログインです。
上部の「交換先を見つける」→左メニュー「ポイント」→「ToMeCard」の「交換申し込みへ」をクリックしていきます。

PeX必要項目は、メトロ会員番号ですが、これは、ToMeCardの表面に書いてあるお客様番号です。このクレカに割り当てられたANAマイレージクラブの番号でもあります。
(ANAのカードごとにマイレージ番号が発行される方式は非常に混乱しますよね。やめて欲しいです。)

移行手続きが受付られると、PeXから交換受付をしたというメールが届きます。ただし、完了のメールは来ません。

PeX→メトロの交換は、毎月15日締めの翌月11日に反映のようなので、翌月11日には、メトロのサイトにログインしてチェックしてください。

 

メトロのサイトは、こちらです。
PeXでも使ったお客様番号を使用します。初回の確認番号は、4桁の生年月日です。すぐに変更しましょう。

ToMeCARD

ポイントを確認して、PeXからの移行を確認したら、すぐに「メトロポイント移行申請」から、ANAマイレージクラブを選択して、移行手続きを行います。

ToMe

100ポイント単位で、1回に申請できる上限は、2万ポイントです。
PeXからのポイント移行が確認出来次第、ANAへの移行手続きを行った場合には、翌月8日頃にANAへマイル移行が完了します。

8)ダイナースのポイントからANAへの移行
2016年1月に、ダイナースからボーナスポイント2万ポイントが反映されたのを確認します。

シティカードオンラインで確認します。

初めてのログインのときは、ログイン画面にある新規登録から始めてください。

「ポイント/マイル移行/キャッシュバック」の「ポイント確認」でポイントを確認して、「ダイナースグローバルマイレージ/ホテル移行」を選択すると、ワンタイムパスワード発行の画面になって、選択した電話番号にワンタイムパスワード(OTP)がかかってきます。

電話で伝えられた8桁のOTPを入力して、次の画面に行くと、グローバルマイレージの画面になるので、ANAを選択して進みます。

Diners
ポイントをマイルに移行するには、年間6,000円(税別)のグローバルマイレージに入らなければならず、申込日から一年ごとに自動更新なので、注意が必要です。

Diners
注意事項をよく読んで、移行手続きに移ります。

Diners-ANA
移行申請と同時にダイナースグローバルマイレージに申し込み完了です。移行は、1週間かからずに完了すると思います。

ダイナースグローバルマイレージは、その後の移行の有無にかかわらずなので、1年間交換する予定がなければ、移行完了後、デスクに電話して、解約しておいたほうがいいと思います。

以上で、手続きは完了です。

 

ちなみに、カード発行から、1年経って、ダイナースを使い続けたい方は、以前、ご紹介したCITIBANKダイナースカードに切り替えれば、年間30万円使うだけで、年会費が無料になるので、お勧めです。CITIBANKの売却が決まっているので、いつまで続くかわかりませんが。

(過去記事)半永久的に年会費無料のダイナースカードの取得する方法

CITIBANKダイナースには、ポイントの引き継ぎはできないので、切り替える場合には、ダイナースカードを解約する前に、ポイントをマイルに必ず移行することを忘れずに。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

初年度年会費無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド当サイト限定初年度年会費無料

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー