//
you’re reading...

割安航空券

恒例のSPGのバイポイント割引キャンペーンで1,050ドルでシンガポール航空A380ファーストクラスでいくシンガポール他(サーチャージ込)

スターポイント
恒例のSPGのバイポイント割引キャンペーンのご案内が届きました。
スターポイントといえば、1ポイントがほとんどの航空会社の1マイルに移行できるポイントとして有名です。
しかも、20,000スターポイント移行する度に、5,000スターポイントのボーナス。

ボーナス

ということは、1スターポイント=1.25マイル
バイポイントの上限は、20,000スターポイント=25,000マイル
25%オフなので、525USドル

さらに、ギブポイントってのが同時にありまして、こちらも、上限が20,000スターポイント。
家族とか恋人とかのアカウントで買って、お互いのアカウントに送り合えば、20,000スターポイントさらに獲得できます。

こちらも25%オフなので、525USドル

(訂正)
読者の方からご指摘がありましたので、訂正、追記します。
暦年あたりバイポイントとギブポイントを合わせて2万スターポイントという制限があるので、1暦年で、40,000スターポイント=50,000マイルをバイポイント・ギブポイントだけで達成することはできません。キャンペーンは毎年あるので、50,000ポイントをバイポイント・ギブポイントだけで達成するには、2暦年がかりになりますので、ご注意ください。

こまめにエアカナダのサイトをチェックして、キャンペーン実施時に交換する
20,000スターポイント=29,000マイル
になったりします。

SPGアメックスをキャンペーン期間中に作って10,000スターポイントを獲得するなどを組み合わせて、1暦年で狙っていく必要があります。

また、未確認ですが、SPGは、家族など、住所が同じ会員同士は、ポイントを自由に移行できるので、家族に、ギブポイントを20,000ポイントして、ポイントを自分に移行して、1暦年に40,000ポイントを達成できる可能性もあります。(SPGに未確認の情報です)

 

一人あたり合計1,050USドルで40,000スターポイント。
40,000スターポイントをマイルに移行すれば、ボーナスが付いて50,000マイルになります。

つまり、5万マイルで1,050USドル=124,500円(円安は辛いですね)
1マイルあたり、2.5円。

移行先は、JAL,ANAはもちろん、アメリカン、ブリティッシュ、エアカナダ、アシアナ・・・と選び放題ですが、定番は、やはり、エアカナダです。

SQ suite class

1)50,000マイルをエアカナダに移行して、シンガポール航空A380ファーストクラスで行くシンガポール
シンガポール乗り換えでホーチミンも同マイルでOK

しかも、サーチャージがかからないという夢の様な特典です。A380のファーストクラスに124,500円。諸税が別途かかっても、きっと数千円でしょうから、かなりお得です。

SQのA380ファーストクラスといえば、ファーストクラスを超えたスイートクラス。しかも、シンガポール航空との提携航空会社の特典対象外とされているので、潰されるのも時間の問題かもしれません。

ちなみに、普通に買うとサーチャージ込で60万円くらい。

2)50,000マイルをブリティッシュ・エアウェイズに移行して、JALの国内線11区間
先日紹介したブリティッシュ・エアウェイズでJALの国内線を取るアレです。
羽田からだと、沖縄と離島以外はどこでも片道4,500マイル、往復9,000マイルなので、5往復+1片道。
約半年間、毎月札幌、福岡、鹿児島・・・と遊びに行って、124,500円。
オンラインで予約もとれるし、当日予約もできる使い勝手で、一区間11,300円はこれもお得かと

他に、スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードを作って、このカードで決済することでさらに1万スターポイントを獲得して、アメリカン航空に移行して、

■エディハド航空 ビジネスクラス 東京→アブダビ
アメリカン航空アドバンテージ ビジネスクラス  往復60,000マイル(サーチャージなし)
※日本国内線付加OK

■カタール航空 ビジネスクラス 東京→ドーハ(→ドバイ)
アメリカン航空アドバンテージ ビジネスクラス  往復60,000マイル(サーチャージなし)
※日本国内線付加OK

という選択肢とか、選択肢は無限にありますが、まあ、おすすめは、上記1)2)だと思います。

SPGのバイポイントは、入会してから一定期間経たないと対象外なので、早めに作っておくことをおすすめします。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー