//
you’re reading...

割安航空券

(最安)2014夏休みエールフランスA380ビジネスクラスで飛ぶパリを考えた

th_a380_AF

今月は、珍しく一度も飛行機に乗らないで終わりそうです。
あまりにも寂しいので、友人から海外旅行・出張に関する相談を受けて、ベストプランを模索して答えるなんてことをしています。

しかし、マイルの使用も含めて、提案してくれるような旅行代理店は、なりたたないのでしょうか?

例えば、JALとANAのマイルが10万マイルずつあって、夫婦で、今年の夏は、ヨーロッパ、今後1年のうちに、2回韓国、ニューヨーク、大阪、札幌、沖縄に一回ずつ行く予定で、できればビジネスクラスがよいのですが・・・とか相談できて、ベストなプランを返してくれるような旅行代理店があったら、便利だと思うんですが。

あとは、どこかに写真入りで、航空会社、便、機材、ビジネスクラスシートの一覧が見られるサイトはないでしょうか?SeatGuruの進化版みたいなものがあればよいのですが。フルフラットシートからの逆引き、フライト検索とかほしいのは僕だけでしょうか?そんなサイトを御存知でしたらメールください。
info@geeektravellers.comです。

さて、今回は、
お盆に、パリへ行きたいというお友達からの相談です。

この時期の東京パリは、異常に高くて、直行便だと

エールフランス HND/CDG エコノミーが
往復 / 1名様分 燃油・諸税込 208,960 円

です。貧乏性なんで、エコノミーで20万とか無理です。2人で行ったら飛行機だけで40万円超えのエコノミー。このくらいの値段で寝ながら、パリまで行きたいところです。

ということで、お調べしましょう。
もう少し前に相談してくれれば、カタール航空のドーハ経由便を提案できたのですが、時、すでに遅し。もう、売っていないので、別のルートを。(夏休みのチケットは、年が明けたら手配しましょうね。)

今回は同じエールフランスのA380のビジネスクラスに乗るルートで対抗します。
勘の良い方は、もう、お分かりかと思いますが、はい、そうです。
・乗り継ぎ便
・コードシェア
がキーワードです。

名づけて、
エールフランスA380ビジネスクラスで飛ぶパリ

(上海で、乗り換え1回ですが)

往復航空運賃:182,000円
座席:ビジネスクラス(I)
4月1日〜10月31日 8月もばっちり入ってます!

【別途要する費用】
燃油サーチャージ:36,000円
航空保険料:1,680円
現地空港税:各空港により異なります
日本各地空港利用料:各空港により異なります

21万9680円+空港税 です。驚きのプライス。

◎AMEXをお持ちの方
正規割引チケットですので、AMEXのプラチナデスクで取れるはず。
ということは、成田まで、都内23区からタクシー代が片道10,000円で手配可能の対象になります。
MKタクシーでAMEX支払いです。

アメックスをまだお持ちでない方はこちらか申し込むと初年度無料です。

当サイト限定初年度年会費無料アメックスゴールド申込みはこちら

 

<行き>

MU272:成田10:55⇒上海/浦東13:05
MU524:成田13:50⇒上海/浦東16:15
MU522:成田16:55⇒上海/浦東19:00

上海乗り換え
ポイントは、エールフランスとのコードシェアを選ぶことです。

MU8663:上海/浦東10:20⇒パリ16:35(エールフランス機材)
MU569:上海/浦東12:30⇒パリ19:05
MU8661:上海/浦東23:30⇒パリ05:35翌日(エールフランス機材)
日火木土運行はA380機材
MU553:上海/浦東23:55⇒パリ06:30翌日

<帰り>
MU554:パリ13:25⇒上海/浦東07:00翌日
MU8662:パリ13:40⇒上海/浦東07:00翌日(エールフランス機材)
MU570:パリ21:20⇒上海/浦東14:40翌日
MU8664:パリ23:25⇒上海/浦東16:40翌日(エールフランス機材)
月水金土はA380機材

上海乗り換え

MU523:上海/浦東09:10⇒成田12:50
MU521:上海/浦東12:00⇒成田15:55
MU271:上海/浦東17:10⇒成田20:55

 

有効期間は1年間。
出発日の1日前迄予約可能。
上海⇔ヨーロッパ各都市間はフルフラット。
曜日が合えばAF機材A380利用可能。
JMB加算が125%(MU機材の場合)
上海にて途中降機が無料で可能。
SKY TEAMなので、DELTAアメックスを作って、DELTAで無料特典を狙うのも可

<ビジネスクラスシートについて>

東京-上海間
A321だと、近中距離用の旧型シートなので、JALのクラスJ並の窮屈さだと思います。

 

A330-200であれば、シェル型シートですので、比較的快適なのでA330-200の便を選ぶことをおすすめします。

上海-パリ間

中国東方航空機材は、seatgurruによれば、リクライニング角度は、169度のライフラットとありますが、どうも、A330-200の新型機材フラットシートのようです。オットマン付きの180度フルフラットです。エールフランスにこだわらない方は、こちらのほうが快適かもしれません。

参照:乗られた方のBLOG↓
http://blog.livedoor.jp/yudaina1/archives/cat_50033671.html

 

エールフランスA380は、フルフラットではありません。180度にはなりますが、ライフラットです。

Air France A380

B777は、
エールフランスの発表によると、2014年6月より、順次、コクーン型の新型フルフラットシートに変更していくようです。

 

《モデルスケジュール》
MU0522:成田1655⇒上海/浦東1900
MU8661:上海/浦東2330⇒パリ0535翌日(エールフランスの便です。日火木土運行はA380機材)
MU8664:パリ2325⇒上海/浦東1640翌日(エールフランスの便です。月水金土はA380機材)
上海1泊
MU0537:上海/虹橋0940⇒羽田1330

まだ、空きはありましたが、お早めに。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

カテゴリー