//
you’re reading...

割安航空券

JAL上級会員への道2013(実践編)その2 クリスタル

CRYSTALさて、いよいよ修行開始です。
準備編を読んでいない方は、下記を先に読んでください。

JAL上級会員への道2013(実践編)その1 準備

今回は、クリスタルになるまでです。はっきり言って、クリスタルは、ほとんど意味がありません。

早速搭乗記録です。

HND/OKA ファースト 往復割引 3,942 3,942
OKA/HND ファースト 往復割引 3,942 7,884
HND/OKA クラスJ 往復割引 2,006 9,890
TPE/HND ビジネス 台湾発券 3,393 13,283
HND/OKA ファースト 往復割引 3,942 17,225
OKA/HND ファースト 往復割引 3,942 21,167
HND/CTS クラスJ 台湾発券 1,746 22,913
CTS/HND クラスJ 台湾発券 1,746 24,659
HND/OKA ファースト 往復割引 3,942 28,601
OKA/HND ファースト 往復割引 3,942 32,543

羽田ー沖縄を100%加算のファーストクラスで乗ると、
まず、ファーストクラスで、区間マイルが150%になります。

スクリーンショット 2013-12-01 16.37.24

 

 

 

 

 

 

これをベースに
スクリーンショット-2013-12-01-16.37.33

ということで、往復で8,000近いFOPが貯まりました。

加えて、台湾に行く予定があったので、海外発券にトライすることにしました。
行きは、趣向を変えて、那覇までクラスJで行き、那覇からチャイナエララインのエコノミーで、台北へ。
昔の羽田の国際線ターミナルを思い出させる那覇の国際線ターミナルから飛行機に乗って、わずか1時間足らずで台北につきます。
沖縄、近いです。

ただ、那覇からの便は、台北市内から遠い方の桃園国際空港にしか飛んでいません。

 

帰りは、JALです。6ヶ月の有効期限のビジネスクラスで、台北/羽田/札幌の往復で購入です。
台北は、市内の松山空港から行けます。

元々札幌へ行く予定があったので、札幌へ切り込んだのですが、ビジネスクラスで切り込んだ時の国内線のキャビンクラスは、クラスJだそうです。ファーストクラスへは、当日空きがあった時に追加料金でアップグレードしか出来ない模様。東京でのストップオーバーは1回あたりNT$1,500の追加。国内線の接続は1区間NT$3,000の追加です。

航空券NT$40,000+税金・サーチャージNT$3,300=NT$43,300(当時13万円くらい)
ちなみに、東京ー札幌のクラスJの往復は、約6万円。なので、実質台湾東京のビジネス往復は7万円。
国内区間・国際区間ともに、全て変更可能のチケットです。

ファーストクラスで、羽田那覇を3往復、ビジネスクラスで台北羽田片道、クラスJで羽田札幌往復1回、沖縄へ片道乗ったところで、3万FOPに到達し、クリスタル達成です。ちなみに、2014年から改善されますが、JALの事前サービスは、達成月の翌月末にカードが届き、翌々月から適用です。

クリスタルの特典としては、羽田国内さくらラウンジ10回券とクラスJのチケットがもらえます。

スクリーンショット-2013-12-02-7.30.47
ただ、これだけ短期間に乗るので、5回乗ったらダイヤモンド・サクララウンジキャンペーンもすぐ達成してしまうと思いますが。

あと、
スクリーンショット-2013-12-02-7.25.57

確かにクラスJ eクーポンが6枚表示されています。あんまりメリットないですね。

スクリーンショット 2013-12-02 7.37.32

次は、サファイアです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

Trackbacks/Pingbacks

  1. […] JAL上級会員への道2013(実践編)その1  準備 JAL上級会員への道2013(実践編)その2 クリスタル […]

  2. […]  準備 JAL上級会員への道2013(実践編)その2 クリスタル JAL上級会員への道2013(実践編)その3 サファイア・JGC […]

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー