//
you’re reading...

AIRLINES

飛行機に一度も乗らずに、JGCと同等の上級会員資格ワンワールドサファイアを取得・維持する(キャセイパシフィックのゴールドステイタス)

marcopolo

JAL GLOBAL CLUB(JGC)を取得して維持すれば、JALマイレージバンクの上級会員サファイア並の資格が付与されるという話を以前しました。が、JGCを取得するには、まず、JALマイレージバンクの最ファイア以上の上級会員に一旦ならなければならないという制限があります。

なんじゃそりゃ?という方は下記の記事を先に読んでください。

JALのJAL GLOBAL CLUB(JGC)と取得方法(基礎知識)

JAL独自の上級会員特典は使えませんが、空港ラウンジの利用や、国際線での優先搭乗などのワンワールドサファイアの特典が使えればいいという方には、キャセイパシフィック(ワンワールド加盟)のマルコポーロクラブのゴールド資格の取得をおすすめします。

キャセイパシフィック/ドラゴン航空のマイレージ/ロイヤリティプログラムは、少々分かりづらいです。ただ、マイルを貯めたり、マイルを特典航空券に変えたりするだけであれば、入会金、会費不要のアジアマイルに入会して、飛行機に乗ればよいのですが、頻繁にキャセイやワンワールドを利用していて、上級会員を目指したいという人は、さらに入会金US50ドルで、別途、ザ・マルコポーロクラブに入会する必要があります。50ドルで入会するとグリーンになりますが、1年間キャセイ・パシフィック/ドラゴン航空に1度も乗らないと、ザ・マルコポーロクラブ自体の維持ができないという非常に厳しいものです。(ザ・マルコポーロクラブに入ると自動的にアジアマイルの会員になり、ザ・マルコポーロクラブを解約しても、アジアマイルは維持されます)

ちなみにアジアマイル自体には、上級会員はないので、アジアマイのみに入っている人がどんなにキャセイパシフィック航空の飛行機に乗っても、上級会員になることは出来ません。

そんな、ザ・マルコポーロクラブの会員ティアは下記の通り。

マルコポーロクラブ

 

クラブマイルとは、FOPのようなもの、クラブセクターは、搭乗回数なのですが、1区間あたりのクラブ・セクターは、エコノミーで1、プレミアムエコノミーで1.1、ビジネスで1.25、ファーストは1.5になります。

ザ・マルコポーロクラブのゴールドは、ワンワールドのサファイアの資格が付帯しますので、ほぼ、JALでいうサファイアと同じです。

入会金を取るだけあって、シルバーでも、キャセイとドラゴン搭乗時には、自社ラウンジが使えたり、平会員でも、自社便では、専用カウンターがあるなど、様々な独自メリットがあるようなのですが、提携ホテルも多く、結構なメリットが有るようです。

下記に、ザ・マルコポーロクラブのゴールド向けのホテルのメリットをまとめました。

marco_hotel

 

使ったことないですけど、ホテルの上級会員並のサービス内容ですね。

そんなキャセイパシフィックのザ・マルコポーロクラブのゴールドステイタスを取得する方法ですが、またかよと言われるかもしれませんが、AMEXのプラチナカードで無料付帯です。期限が来ると、プラチナの会員であるかぎり更新カードが送られてきます。

ザ・マルコポーロクラブの入会金も取られません。
飛行機に一度も乗らずに、JGCと同等の上級会員資格ワンワールドサファイアを取得・維持することができます。

アメックスのプラチナは、インビテーション制とか言ってますが、プラチナの会員は紹介することができます。紹介した人にも、紹介された人にも、1万ポイント(=1万マイル同等)がプレゼントされます。これは、その前にゴールドとかでポイントをもらっていても、また、もらえるので、これからアメックスを作る方は、入会キャンペーンでもらったほうがいいです。

ちなみに、今まで、僕がご紹介した人で、落ちた方はいません。メインカードは、AMEX以外のカード(例えば、JCBのTHE CLASSとか)を普段は使っているけど、AMEXも持っていて、ごくたまに使ってたという方も作れてるので、ブラックリストとかじゃない限り、普通に安定収入さえあれば、ほとんど審査はないんだと思います。AMEXにしてみれば、高い年会費をちゃんと払えて、カードを使った分が払えれば別にだれだっていいわけですから。

 
ここからアメックスプラチナの発行申し込みができるようになりました。

入会後3ヶ月以内に10万円利用で17,000ポイントボーナスの申込みはこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

No comments yet.

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー