//
you’re reading...

割安航空券

連載【格安ビジネスクラスの基礎知識】第1回 海外発券

777suite

航空券を入手する際に、エコノミーの狭い座席が耐えられないGEEKTRAVELLERな我々には、LCCでの旅など論外。
かといって、ほとんど割引のないファーストクラスに迷わず乗れるほど、懐に余裕がないとなると、選択肢は、ビジネスクラス以外にありません。

ビジネスクラスの航空券をできるだけ安く手に入れようとすると、

1.マイルの特典航空券で手に入れる
2.エコノミーを購入して特典でアップグレードする
3.割引でビジネスクラスを購入する

の3つしか方法がありません。

マイルで特典航空券を取るのは、今では、至難の業ですし、アップグレードも同様。ビジネスクラスへのアップグレード対象のエコノミーは、価格の高いブッキングクラスのエコノミーを買わなければならず、しかも混んでいます。

では、特典を取りやすくする最も効果的な方法は、というと、これは迷わず、航空会社の最上級会員(ANAやJALのダイヤモンドなど)を目指すことしかありません。
JALのダイヤモンドであれば、特典航空券に空席がなくても、一般席に空席がある場合、通常の特典交換に必要なマイル数の2倍を払えば、特典航空券を入手できますし、通常、アップグレードをするには、ブッキングクラスが限定されますが、ANAのダイヤモンドであれば、搭乗当日、空席があれば、アップグレード対象運賃以外のチケットでも2倍の必要アップグレードポイント数でアップグレードが可能だったりします。が、ダイヤモンドを目指す方法は、別の記事に任せて、

安くチケットを購入する方法についての基礎知識です。

キーワードは
・海外発券
・バックワンウェイ
・コードシェア

上記のうち、ベースとなるのは、海外発券です。

【格安ビジネスクラスの基礎知識】の第1回では、まず、この海外発券について学びましょう。
海外発券とは、文字通り、海外発の航空券を現地通貨で購入するものです。

定番どころでは、ソウルや台北、バンコク、香港、コロンボなどですが、為替の状況によっては、欧米各都市発のチケットもお得なケースもあります。かつては、現地まで行かないと買えなかったのですが、eチケットとインターネットの普及により、日本から簡単に購入できるようになりました。海外の航空会社では、日本語のウェブサイトから、申し込めるものもありますし、各国サイト、もしくは、電話など、航空会社によって様々ですが、何れも日本国内から航空会社で直接購入が可能です。アメックスのコンシェルジュデスクでも取り扱っているので、面倒な方は、コンシェルジュデスクでお願いする手もあります。

最近では、日本国内の旅行代理店でも、海外発券を取り扱っているところもありますし、現地の旅行代理店を探していくと、期間限定でお得なプロモーションチケットがあったりするので、比較して、使い分けると良いと思います。

海外発券は安いのか?
閑散期のエコノミーに関して言えば、日本は世界でも有数の格安天国だと思います。閑散期の日本の格安エコノミーより安いチケットを、LCC以外で海外で見つけることは困難です。一方、ビジネスクラスや、ビジネスクラスへのアップグレード対象のブッキングクラスのエコノミーに関して言えば、日本での価格は割高なので、海外発券に分があることが多いです。

ということで、このサイトをご覧になっているGEEKTRAVELLERSな方にとっては、メリットが大きいと思います。

GEEKTRAVELLERSのための海外発券のメリット

1. ビジネスクラスのチケットが日本円換算だと安い。
2.GW、盆暮れ正月などの繁忙期も価格が安定している。
3.総じて制限が少ない(ブッキングクラスが高いのでアップグレード特典の対象だったりします)
海外発券のデメリット
1.まずは現地に行かなくてはいけない
2.多少の手間(これを楽しめない方はそもそも海外発券は向きません)

具体的事例

単純往復
「ロマンチッククリスマスにJALの新ビジネスクラス777スカイスイートで行くロンドン旅行」
今年(2013年)のクリスマスを777のスカイスイートで行ってロンドンで過ごすプランで比較してみましょう。今日時点で、まだ、空きはあるようです。

日本発券
価格
サーチャージ込・税金込み 504,020円

hndlhr

旅程
12/21 HND/LHR( ビジネスクラス ブッキングクラスD)
12/27 LHR/HND( ビジネスクラス ブッキングクラスD)

便変更 不可

ファーストクラスへのアップグレード 可

海外発券(ソウル発券)

価格
サーチャージ込・税金込み 約285,000円(日本円換算)

旅程 全旅程が1ヶ月以内が条件
12月初 GMP/HND( ビジネスクラス ブッキングクラスX)
(東京で過ごす)
12/21  HND/LHR( ビジネスクラス ブッキングクラスD)
12/27  LHR/HND( ビジネスクラス ブッキングクラスD)
(東京で過ごす)
12月末HND/GMP( ビジネスクラス ブッキングクラスX)

便変更 全便可能(ソウル出発日より1ヶ月以内の旅程であることが条件)
ファーストクラスへのアップグレード 可(羽田金浦間は、ファーストクラス設定なし)

 比較
なんと、20万円以上も安い上に、日付変更も可能で、ソウル往復ビジネスが付いてきます。ただし、ソウルまでの往復チケットを別途用意する必要があります。

JALの特典航空券(JALカード割引で29,000マイル)で、ソウルビジネスクラスを往復で
12月初 HND/GMP  1月初 GMP/HNDで日付指定して、

12月初旬にソウル旅行
12月初 HND/GMP(特典往路チケット) GMP/HND(ソウル発券チケット1)

クリスマスをロンドンで
12月21日 HND/LHR(ソウル発券チケット2)
12月27日 LHR/HND(ソウル発券チケット3)

正月のソウル旅行
12月末  HND/GMP(ソウル発券チケット4)
1月初           GMP/HND(特典往路チケット)

特典航空券でマイルは消費しますが、この旅自体でマイルが貯まるので、実質のマイルはそれほどの負担はありません。

JGCダイヤモンド ロンドン往復15500マイル +ソウル往復1,896マイル=17,390マイル
JGCサファイア  ロンドン往復9,952マイル   +ソウル往復1,706マイル=11,658マイル

FOPもたっぷり貯まります。(FOPも割増なので、JALカードのClub-A以上に必ず入りましょう)
ロンドン往復19,460FOP+ソウル往復4,212FOP=23,672FOP
このロンドン往復を2回やれば、47,344FOP。羽田札幌をクラスJで往復するだけでサファイアです。

さて、次回から、バックワンウェイとコードシェアについて ご説明します。つづきはこちらから。
第2回 【格安ビジネスクラスの基礎知識】呼び寄せ片道便(Back Oneway)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

関連する投稿


Discussion

Trackbacks/Pingbacks

  1. […] 前回は、海外発券について学びました。 前回は、こちら。 連載【格安ビジネスクラスの基礎知識】第1回 海外発券 […]

  2. […] 読んでいない人は過去記事から読みましょう。 第1回 【格安ビジネスクラスの基礎知識】海外発券 第2回 【格安ビジネスクラスの基礎知識】呼び寄せ片道便(Back Oneway) […]

  3. […] 読んでいない人は過去記事から読みましょう。 第1回 【格安ビジネスクラスの基礎知識】海外発券 第2回 【格安ビジネスクラスの基礎知識】呼び寄せ片道便(Back Oneway) 第3回  […]

コメントを残す

Follow our Facebook/twitter/RSS

feedlyご利用の方は下記ボタンで登録できます

follow us in feedly

スポンサードリンク



カテゴリー